2016年02月05日

DS-201

昨日のRSMですが、
ピアノ運送にお願いして送りました。

IMG_0356[1].jpg

アース処理した
DS-205を聴いていましたが、
IMG_0353[1].jpg
先ほど、直ぐ納品出来る様にしまいました。

店のご近所さんからDS-201を譲っていただきましたので
今、鳴らしていますが、
死滅した昭和のDIATONEサウンドが聞けて良い感じです。
音は爽やかに抜けて切れます。

IMG_0357[1].jpg

(店のSRMは、写真の通り鎮座しております。)

IMG_0358[1].jpg

IMG_0359[1].jpg

最初、DS-201だけで鳴らしていましたが、
悪乗りし、
低域へ、YST-SW1000Lをプラス
更にバイオリンハーモニクスツイーターで超高域をプラス...。

DS-201の3ウェイへ2つ足して、
全部で5ウェイ!
全く違和感なく繋がっております。(*^^)v

しかもビックリする様な良い音で鳴っておりますので
手元に置いておこうか、売ろうか、悩んでしまいます...。

面白いので、しばらくこのまま遊びます。(笑)


タグ:DS-205
posted by Lansing at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする