2016年02月01日

DS-205 フレームアース完了!

DS-205のユニットフレーム(金属部分)にアース線を接続し
大地アースへ浮遊電位を吸引させます。

IMG_0351[1].jpg

テスターで調べると、
ツイーター部分は、バッフルへ固定しているネジとフレームが結合しており
ウーファー部分は、内部で固定しているキャップボルトとフレームが繋がっていましたので
箱の内部で、それらへ線を繋ぎます。

バイワイヤ/バイアンプ対応のスピーカーですが、
シングルワイヤー入力へ改造し、
ウーファー側へ配線をまとめます。

余ったツイーター側のターミナル(マイナス側)へ
フレームアースの配線を繋ぎアースが取れるようにしました。

接点部分は全体的にスーパーコンタクトオイルで処理。

全部戻し、アースを繋いで試聴してみます...。

IMG_0353[1].jpg

音は激変...。

ツイーターとウーファーのつながりが抜群に良くなり
ツーウエイの上下がバラケタ感じが殆どありません!

高域のとげとげした感じが激減し、
しなやかで超高分解能なボロンツイーターの解像度で迫ってきます。(笑)

演奏中のS/Nも上がり、
反応スピードが抜群に良くなっています。

アース落として、シングルへ改造しただけで
これ程の変わりようは、化けたという感じです。(笑)

鳴らしていると接続し直した部分が馴染んでくるのか
ドンドン音が良くなってきます。(笑)

今月納品ですので
お客様もビックリでしょう!

納品時まで聴かせていただきます。
posted by Lansing at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする