2015年12月27日

今年度最後の最高傑作!!

音質改善インダクターです。

DSCF0312[1].jpg

見た目、そのまんまトランスですが、
トランスではございません。(笑)

電源の音質改善アクセサリーになります。

写真は試作品ですが、
最初の試作品から色々と変更いたしまして、
磁気鋼板の組み方、巻き線、容量などを吟味し
ついに完成させました。

本チャンの製品も、サイズなどは写真と同じとなります。

目安の大きさ(CDと比較です。)

DSCF0313[1].jpg

使い方といたしましては、
電源タップ等のコンセントの空に接続します。

もちろん
オレンジ色の線の先にコンセントプラグを付けてです。(笑)

類似商品としてはRGPCがあり、
中古品として買取し、
商品として取り扱った事が数回あります。

アイソレーショントランスの100V−100Vを入れるより
力強さ、fレンジ感等が向上し、色々な面で好感が持てましたが、
使った感じで欲を言うと、
やや音が粗く、音色と表現をもう少し良くしたい気持ちになってきます。

そこで、
RGPCと同じ定格で、
更に高品位なチョークコイルを製作して試聴すると
美音(笑)
音が綺麗すぎるのでNG....。

それから
色々吟味し、ついに完成させました。

音色はコントラストが上がり美しいですし、
全域に渡り分解能が高くなって
高域等は
ハイハットのすれ合うさまや
バイオリンの弦を弓でこする繊細な描写などが
リアルに聞こえ
広々とした音場空間へ変化します。

雑味というか混濁感も減少し、
見通しが良くなり
低域も良く分解して
ドロドロ感が減り、
聴き易くなるのですが、
この様なアイテムによく感じる
エネルギーや力強さが減退する事はありません。

電源回路に対し
並列に接続となりますので
アイソレーショントランスや電源装置の様な容量的な問題は
屋内配線や分電盤のブレーカー容量となりますから
それらに比べ圧倒的なダイレクト感があり反応が高速です。(笑)

jazzは抜けや切れが向上し
低域も弾んで
ノーマルCD盤がXRCDになったか?と思うような変化ですし
classicは瑞々しく音色がハッキリして
残響も豊かで空間も広く再現さます。

タップに空きが無い時は
オーディオルームの壁コンなど
何処か開いている所へ差し込めば
十分効果を体験できます。

店で試聴体験できますが
繋いだ時と繋いでない時では
かなりの差を感じ取ることができて
何度も試したくなると思います。

このインダクターをあなたの家で繋いで聞いた後、
外して聴き比べると、たぶん大きく「ガックリ」来ると思います。(笑)

外した時のガックリ度がホント大きいと思いますので
こんな物、必要ない平気...という感じにはなりにくいはずです。(大笑)

その他、
今年の大きな激変出来事といたしましては、
バイオリンハーモニクスツイーターがあります。

未来のオーディオを感じさせる素晴しい音質改善効果で
来店された方を驚かせています。

1月後半となりますが、
バイオリンツイーター用として
改善された完成品数台が入荷いたしますので
購入希望のお客様はご予約を承ります。

元々、弦楽器だけで音を出して音楽を聴くコンセプトで製作された製品で、
音楽愛好家や病院、喫茶店等で使用されていましたが
NHKで放送され、新聞などに載った為に
首が回らない忙しさになっている様です。

新年1月には東京のクロサワバイオリンで
弦楽器4本を鳴らすデモの企画がある様で
忙しさを更に加速させる予感がします。

オリジナル商品といたしましては、
最後にゲルマアンプが完成し、
商品化して販売する予定となっています。

定番のカーボンアイテムや
コンタクトオイル、
音質激変(笑)のFノイズイレーサーも含め
この数年の間で面白い事が一番多い年となり
充実した1年となりました。

店は明日からお休みさせていただきまして、
新年、1月4日より営業させていただく予定となります。

皆様の来年も、素晴らしい年となりますよう願っております。

何時もご来店いただくお客様、
ブログの読者様ありがとうございました。

2015年12月20日

今度はSL-5

アーム不動で修理依頼

ドンドン ばらします...。

DSCF0302[1].jpg

SL-10を簡単にした構造ですが、
これで十分な気がします...。

グリス固着、
ベルト劣化、(固まって卵形になっている)
ドライブモータープーリーや
アーム駆動の方のプーリーまで油が回っていますので除去...。

DSCF0303[1].jpg

グリスをひと拭きしただけで...。

DSCF0304[1].jpg

うりゃうりゃっとメンテして組み上げる

カートリッジや
配線の接点はコンタクトオイルで処理しました。

組み上げたのはいいのですが、
快調に動く様になると
ダストカバーが気になります。

DSCF0305[1].jpg

サービスで磨きました。(笑)
横のしま模様は、
天井の音響反射材が写り込んでいます。

DSCF0307[1].jpg

残念な事は
輸送時にターンテーブルシートが外れ
針をポッキリ
今でも交換針は売っていますので
新品に替えればOK!

DSCF0306[1].jpg

基本MMなので
SL-10の様にMC⇒MMへ昇圧するアンプが無い
フォノOUTはカートリッジからダイレクトに出力が出ますから
MMフォノイコへ繋いで聞くと
音が開放的で良い感じです。(笑)

私のSL-10ですが、

このインシュレーター部分を

DSCF0308[1].jpg

外しまして

DSCF0310[1].jpg

DSCF0309[1].jpg

こんな風に加工し

DSCF0311[1].jpg

CFRP ドライカーボンインシュレーターが使える様に改造しています。(笑)

純正の場合、
アルミ合金のインシュレーターを
バネ圧も利用しレコードへ押し付ける様になっていますが、
構造的に、トップカバーのフレームへ固定してあるので
音圧による振動を拾いますし
押さえつけるインシュレーターの場合
開放感は減退しますから
この方式の方が音が開放的になって
更にカーボン効果もあり音が良い感じです。


タグ:SL-5
posted by Lansing at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

またもSL-10

バラしております。

DSCF0289[1].jpg

スタビライザーのストロボスコープが脱落...。
(直しました。)

DSCF0295[1].jpg

一度開けた跡のあるSL-10でしたので
ケーブルを咬んで組み上げたのでしょう...。

DSCF0291[1].jpg

直しました。

DSCF0294[1].jpg

プーリーギアに油がべっちょりなので除去

DSCF0288[1].jpg

良い感じになりました。

アーム駆動のプーリーやドライブベルトにも
油が付いていたのでクリーニングしました。

プーリーは
綿棒をV字にして拭き取ります。

DSCF0293[1].jpg

良い感じになりました。

DSCF0292[1].jpg

出力ジャックが粉吹いています。

DSCF0297[1].jpg

コンタクトオイルで処理します。
(比較の為、右側を処理)

DSCF0298[1].jpg

接続ケーブルも処理

DSCF0299[1].jpg

カートリッジのピンも処理しました。

色々と確認後、組み上げます。

ネジは長さの違う物が混在しますので
元通りに戻します。

DSCF0296[1].jpg

この個体は
外観も含め内部も程度良好です。

組み上げて
動作させますと、「音が寝てる...。」(笑)

3時間ほど連続動作で目覚めてきました!

今のところ何の不具合も有りませんが、
確認の為、明日も1日動作させて問題なければご返却です。

話は変わり、
内職...。

依頼された電源ケーブルを作っています。
コンセントプラグをバラし、コンタクトオイルで接点部分を処理して組み立てます。

DSCF0287[1].jpg

あと、
定休日をつぶし
ゲルマアンプの出力段の石決めをしました。

DSCF0286[1].jpg

写真の石と、もう少し音抜けの良い石で悩みましたが
抜けが良いという事を感じる
「抜け」が、すでにオーディオ用語になるので
何とも表現しようのない
(オーディオ用語が見つからない)
この石の方がゲルマらしいので
これにします。(笑)

アナログを聴くと
速いという言葉を忘れる程速いです。(笑)
市販のアンプで聴くと、レコードの傷やホコリの音が、
「ボツ」「ブチッ」とかいう音でノイズが出ますが
このゲルマで聴くと
「チッ」と小さく音が出る程度の超速で、
立ち上がって立下りますから
ノイズが気になりません。(笑)

MMカートリッジの安物(丸針とか)が、
こんなに良い音するの?って感じで聴けます。(大笑)

タグ:またもSL-10
posted by Lansing at 21:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

道場破り!

かなり前のブログで、
三重からの訪問者様の事を書いたのですが、
先日来店されまして、
今回は、

「電源タップをこしらえたので聴いてほしい」と...。

自分から出向いて
メーカーや輸入代理店の試聴コーナーで試してもらっているとか...。

こんなのです。
DSCF0235[1].jpg

ジュラルミンのフロントカバー
DSCF0238[1].jpg

DSCF0241[1].jpg

銅の本体と真鍮ベースを重ね底はジュラルミンという複合素材のサンドイッチ構造
DSCF0240[1].jpg

インレットは取り外し可能で
コンセントが簡単に付け替えできます。
DSCF0236[1].jpg

DSCF0242[1].jpg

比較参考に
廃番となっているSoundJuliaのオリジナル
DSCF0246[1].jpg

10年ほど前、アコリバやチクマの高級品と比較して製作した物ですが
PSEにより廃番...。
店で使用しています。

このタップと入れ替えて聴いてみると
微動だにしない安定感とブレの無いサウンドが溢れだしました。

静寂ともいえるS/Nの良さで
全域に渡り、しなやかに締まり高分解能!
低域のアタック音が入ると
腰の据わったエネルギーで押し寄せてくる...。

まるで
電源タップのロールスロイス!(笑)

TAD、スペック、CSフィールド等で試させていただいた反応は、
軒並み高評価で、
音像が締り空間が広がって素晴らしい再現になったのだとか...。

この激変ぶりが分からないシステムは無いんじゃないかと思える程変わりました。(笑)

で、
何で作っているのか質問すると、
自己満足+気に入った方には売りたいという事でした。

材料費も高額で、マシンで切削する時間も1日は必要なので
欲しいという方への価格提示は
1個:¥40万!
音も価格も凄い電源タップを聴かせていただきました。

販売するにはPSEの問題もありますし、
個人製作品のノーブランドで取り扱う店が無いという事や
オーディオ雑誌などに載らなので宣伝効果も低く
絶対的に難しいのは買う事を躊躇する価格...。

個人的に彼を応援しますので、
試聴希望、購入希望など
興味のある方はSoundJuliaまでご連絡ください。

三重からの訪問者の彼は、
いろんな物を作ってる鉄工所勤務で
会社に了解をもらって製作しているそうです。

話は変わります。

Wadia27
十数年前のDACが入荷したのでテストしているのですが、
PCの音源を真空管アンプのプリ+パワーで鳴らすと何だか素晴らしいんです?

当時のイメージは筋肉マッチョなサウンドで
分厚く濃厚に押し出す男の音の(笑)イメージだったのですが、
PCへリッピングした音源を
パフォーマンス:44,1KHz/16bitで出して受けてD/Aし、
真空管アンプへ入れてスピーカーで聴いてみると
何だか凄みのある超絶サウンドになるんです。(笑)

Wadia27+真空管パワーでプリを抜き
Wadai27の出力可変でボリュームをコントロールすると音が良くない?
デジタル領域で音量を弄る為かプリを通した方が圧倒的に良いんです。
スピーカーは色々変えても抜群の鳴りで聴かせます。

たぶんですが、
Wadia27と真空管プリアンプ+パワーのマッチングが
何とも言えない超絶感になるのかもしれません。

まだ理解できていないので勉強します...。


タグ:道場破り!
posted by Lansing at 16:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

AVALON Ascendant 2

お売りいただきました。m(__)m

DSCF0243[1].jpg

今日は朝から買取で、オーディオ屋として仕事しています。(笑)

運び込んだアバロンを代車ボード載せ
足元は適当なセッティングの状態で
SJ-6L6真空管アンプで鳴らしてみた...。

軽く、アールクルーのギター...

TANNOYの後ろまで音場空間が広がり
澄んだ音場へクッキリかつハイスピードな音が展開!
想像以上の音にビックリ!(笑)

どのスピーカーが鳴っているのか分からないような音の広がりです。

それではテスト用の再生が難しい音源を...。

淀みの無い澄んだ音でしなやかに切れ込んで
現代的高音質が炸裂!

精密かつ高精細で嫌な感じが無い(笑)

音像は、
4KのTVを見ている様に高分解能でリアル!

こういうトールボーイのスピーカーとしては、
高域端が美しい事と
低域のだぶつきが無い事が素晴らしい!

アバロンってこんなに良かったっけ??(笑)

バイオリン、電子楽器、打楽器などの複合音源
フュージョン調のエグイ録音モノを!

「う〜ん素晴らしい!」

fレンジの帯域バランスに凸凹感が無く、
ユニット間のタイムアライメントの整合が
素晴しい精度でマッチしている様に聞こえる!

爆音に音量を上げていくと
SJ-6L6のMAXパワーにまで達するまで破綻しない。

正気に戻り内面が伝わるかの音源で聴いてみる...。

ワイドレンジでHi-Fi調のくせに
音楽の内容がちゃんと伝わってきて
聴いていて冷める感じは無いです。

サランネットの有る無では、
無い場合、
4KTVの様に高精細なサウンドで、
ネットをハメると、
音が丸くなり、ブラウン管式TVでアナログ放送を見ている様な分解能となり
細かい事に耳が行かない大らかなサウンドとなります。

色々試しましたが良くできていて素晴らしいと思います。

動作テストが試聴に変わり
結局、遊びか仕事か分からん事に(笑)

まぁ良いです
音出して遊んでてもオーディオ屋ですから...。

この音質なら満足度は高いと思います。

その他、ムンドなども有りますが、
アバロンでお腹いっぱいな気分ですから
お楽しみは明日にします。(笑)

プリ
DSCF0244[1].jpg

パワー

DSCF0245[1].jpg


posted by Lansing at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

WE進行中!

音の方向が、
聞き心地路線へ進路変更したので
もう少し踏み込んでみたくなり
保存してあったWE単線を引っ張り出して
スピーカーケーブル化しました。

16GA ブラックエナメル、絹二重巻き、綿被覆の単線...。

プラグはマルチコンタクト
DSCF0232[1].jpg

取りあえず
ハーツフィールドで試すと、
撚線で繋いである低域とマッチングが合わないので
低域側もこしらえて繋ぎました。

DSCF0234[1].jpg

+-が逆なのは
プリが位相反転している為

soundjulia01[1].jpg

プラグとハンダが馴染んでくる最初の数時間は
エッジが立っていましたが
徐々にしなやかになってきています。

パワーアンプの電源ケーブルが
オレンジなので、これもWE化したい...。

取りあえず
やりたいベクトルがWEへ向いていますので
もっと進んで行きます...。(笑)


それから逸話です。

SoundJulia製の
スーパーアーシングUSBケーブルと
電源ケーブルを、あのダイヤソールさんが使用されています。(笑)

ダイアソールさんは
1セット:¥10,000,000-のスピーカーを売っているブランドです。

事の始めは、
海外での試聴会より始っているのですが、
日本国内で、
ダイアソールとKOTOBUKIさんとコラボした試聴会で
SoundJulia製、パワーケーブルとUSBケーブル等を使用しデモをしています。
(KOTOBUKIさんが持参)

国内デモ前の出来事で、
高性能なPCとオーディオ用USBケーブルを用意し、
更に最高のサウンドとなる予想で音出し...。

「どうだ!」っとなる予想が大きく裏切られ、
分解能が上がり空間が広がるという事は全く無く
とんでもないヘナチョコ(笑)サウンドになってしまい
何をやっても良くならない...。

試聴会の時、
PCオーディオのセッティングをしたKOTOBUKIさんへ助けを求めると、

「あのサウンドは、SoundJuliaの訳の分からんケーブルで出るんです。」(笑)と説明

その後、
SoundJuliaのUSB等を送り、
繋いで音出しすると、
ミラクルな分解能と空間表現になってビックり!

流石に頭の良い技術者の寺本さんだけあって
「そうだ!」っと閃かれ、
SoundJuliaのアーシング技を真似て
ダイアソールのスピーカーユニット金属部分にアースを取ると
恐るべき程の三次元立体音像空間サウンドとなって
この音を試聴されたお客様が1セット購入されたのだそうです。(大笑)

以下余談
3Pコンセントプラグの付いた電源ケーブルで
アースが結線されている場合(機器インレットも)
電源タップやコンセント、電源装置等へ
3Pケーブルを複数差し込んでしまうと
全体的な機器のグランド電位は下がりますが、
電源ラインのアースと機器ラインのグランドとの間で
アースループが出来てしまい音は濁ります。

さらに、他所から大地アースを引っ張ってきて
機器へ繋いであるような光景を見る事がありますが、
多重アースループが形成され逆効果となります。

アースを落とせばよいという事では無いので
良く理解されてからアースを落としてください。

次はMojoへ繋ぐマイクロUSBの挑戦です。(笑)


2015年12月03日

スピーカーターミナル接続ヘッドフォンケーブル

色々あるヘッドフォンの全てに言える事だと思いますが、
ヘッドフォンのケーブルを(L/R)完全に分け
内外ともに4線式へ改造し、
バランスアンプで駆動すると
素晴しく高音質なサウンドが聴けるようになると思いますが、
一般的なヘッドフォンは3線式が殆どで
ヘッドフォンアンプにロクなものが無い為に
普段スピーカーで聴いている方がヘッドフォンを掛けて聴くと
ロクな音がしない様に聞こえる...。

何とかならんかという事で
スピーカーで聴いている様なサウンドで
ヘッドフォンを聴く事ができれば満足度が高いと思い
パーツを買ってこしらえました。(笑)

DSCF0206[1].jpg

これですわ!

DSCF0206[2].jpg

出力を減衰させる為に使用している
容量2WのA&B(Allen Bradley)抵抗がデカいので
外出しにして見られるように作りました。

アンプのスピーカーターミナルへ
スピーカーケーブルを繋ぐのと同じ様に繋ぎ
ケーブルの最後に(ステレオミニジャック)がありますので
ヘッドフォンプラグを差し込むだけです。

ケースなども無くシンプルで邪魔になりませんし
高額なヘッドフォンアンプを買うまでも無く音は面白いです。(笑)

デールやビシェイ等の超高額な高精度高級抵抗を使いますと
モニター的で抜けが良く、高性能な感じのサウンドでスカッとした音になるのですが、
今回はその方向へ目指していませんので
A&Bで人間的な肉質感ある厚い(熱い)音の方向です。

分圧など試しましたが
音が綺麗になり整ってエネルギー感が減る...。
A&Bの音を生かし
複数ある手持ちのヘッドフォンで聴いて
直ぐに嫌になる音じゃなければ良いという感じで決めました。

中低域の厚み、肉質感、ドライブ力が素晴らしく音は有機的!
細く綺麗になる事無く
音楽の濁り感や雑味までそのまま出てきます。(笑)

高域の超分解能や研ぎ澄まされた透明感、、
クリーンルームの様な異様に整理された綺麗さなど有りません。

人間的な温度感を感じる厚い音です。(笑)

私の場合、
普段、何かの確認以外はヘッドフォンで聴きませんが、
この方式で聴いた場合、
長時間聴いていて嫌な感じが全くありません。
耳元へスピーカーがやってきたような
違和感のないサウンドです。(笑)

スピーカーしか聞かない方でも
満足度は高いと思います。

言い方を変えると
スピーカーで聴いていたいけど
夜間など、仕方なくヘッドフォンで聴かなければイケなくなった場合
ストレスが減ると思います。

試聴して気が付いたのですが、
聴いていて心地が良いので
ついついボリュームを上げしまいます。

大きな音でも うるさく無く嫌な感じが無いので
気が付くとかなりの大音量で聴いている場合があり
気を付けないと難聴になる可能性があります。

あと
ヘッドフォンで試聴しますと
スピーカーより広帯域で聴いている為
大きな音で聴いた後、
直ぐにスピーカーで音楽を聴きますと
何時ものボリュームでは
音が小さく感じ、高域が出ていないような聞こえ方になります。

ボリュームをグッと絞り
10分間ほど聴いていると
耳が普通の状態に戻り、普段の聞こえ方へ戻るのですが、
心地よいヘッドフォンの場合
大きな音になりやすいので (というか、なってしまっています。)
気を付けないと危険です。(笑)

※バランスアンプ(ブリッジアンプ)の場合
 このケーブルの使用はできません。

先日のゲルマアンプ
お問い合わせを多々いただいており
ビックリしていますが、
現在、出力トランジスタを選別し
どの方向のサウンドで決めるか試した後
試作品で試聴できるように進めています。

パワー段のゲルマトランジスタで
音楽の表現が変わりますから
付け替えて試聴し、
伝わって来ることが多い音のトランジスタで
決めようと考えています。

次はPCオーディオ用
スーパーアーシングUSB
Bプラグがミニタイプの製作にチャレンジします。(笑)

その後、LINN DS用のLANケーブルです。(大笑)


posted by Lansing at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

音魂とWE

作っております。

DSCF0201[1].jpg

内部はこんな感じ

DSCF0205[1].jpg

手間がかかるので
1日2セットが精神的にも限界(笑)

今は自分のをせっせとこしらえています。

作っていると、音を聴いたお客様が
(本当は聴かせたのですが)
私のも作ってと言われるので
写真のはお客様のです。

WE解禁したので
久しぶりに全部WE構成で聴いたみたい!

手始めにメイン装置の電源ケーブルを交換、
デジケー、DAC〜プリ、プリ〜パワー等のケーブルも
音魂ケーブルへ交換、
残るはパワーアンプの電源ケーブルと
スピーカーケーブル...。

P-0へトリプル
DACやプリはダブルを使いました。

ダブル
DSCF0203[1].jpg

トリプル

DSCF0202[1].jpg

マイワールドなWE音魂ケーブルで、
音の方向が3つに別れました。

1、シルバー君/オレンジ君
2、ラダーケーブル
3、WE

WEは、オーディオブランドのケーブルと混ぜると
喧嘩して政治の勢力争いみたいになり
ぜんぜん良い方向へ向きませんが
この三種類は混ぜてもその様に悪くなりません。(笑)

上記の構成で繋ぎ変えて聴いてみると
音が出ていてもS/Nが良く静寂感を感じます。
音は濃く、密度があり
中音域から下は波動音で鳴っている様な感じで
空気のバフバフ、ドンドンした低音感では無く
体が振動するエネルギーの低音で聞かせます。
突き刺さらなくて高分解能、
残響も綺麗で音場や空気感が良い!
ビンテージ候のラジオサウンドでは無いです(笑)

パソコンではどうかと試してみる...。

ノートPC+HI FACE+Si2DAC
foobar2000 (WASAPI event)使用

デジケーとラインを全部音魂ケーブルにして
ノートPCへ大地アースを落としてノイズを吸収、電位を0にして聴くと
美しいハイスピードサウンドでビックリ!
かなり高額で高性能な一体型CDPより良いのではないかと思う程です(笑)

Si2超高性能DACと大地アースが抜群に効いていると思います。

色々試していると
コードの小型USB DACを持ってお客様が来店
「飛んで火に入る何チャラ」((笑)

ノートPCへ繋いで聴いてみると、これがかなり素晴らしい!

USBへ差し込むノイズカットや
USBの電源を分離するアタッチメントも用意されていたので
差し込んで試すと
それなりに効果があり
雑味や濁りが減り音の純度が増すが
エネルギー感は減少するので
それらを外し、ノートPCへアースを...。

音場が澄みきりエネルギーの減少も無くハイスピードで高分解能!

PCも良い音で鳴ってくれると何だか楽しくなってきた!(大笑)

少し勉強しようかと...
タグ:音魂とWE
posted by Lansing at 21:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする