2015年11月11日

音快速

オーディオルームや防音室の施工を
一緒に行っているKOTOBUKIさんですが、
オリジナルの音響ボードを販売する事となりましたので
SoundJuliで取り扱う事になりました。

きっかけは、
ダイアソールのスピーカー(ペア1,000万円)のデモで
音響対策の為に使用されたボードなのですが、
オーディオアクセサリー誌が試聴に訪れた時に目に留まり、
素晴しいと(笑)高評価をいただき
今月発売のオーディオアクセサリー誌に紹介される事になってしまい
それなら雑誌の発売に合わせ販売しようとなった流れです。

ちなみに
オーディオ機器の下へ敷くボードでは無く
部屋へ立てかける音響パネルです。
いわゆる
ルームアコースティクの改善用に使用するアイテムとなります。

他社のボードと大きく完全に(笑)違うところは、
低域を吸収し整える効果がある部分です。

大手有名ブランドから販売されているパネルの効果としては
音を拡散し、フラッターエコーの改善や、
高域の吸収などの効果が大半となりますが、
KOTOBUKI製ボードの場合は、
低周波を吸音し、音の濁りを除去する事により
音場がクリアになり
空間表現が改善され、音の広がり感が良好になり
更に全体的に分解能が高くなって
細やかな表現が巧みになるという効果があります。

賃貸で住んでいる部屋で
壁や天井に音響的な造作が出来ない場合や
ウーファーから出る低域の処理に困っている場合
このボードは大きく役に立ちます。

スピーカーのサイド、後ろ、センター
リスニングポイントの後ろの壁など
効果を確かめながら
スイートポイントに置けばOK!

低域の処理ができなくて
ボケた低音でお困りの方には
かなりの効果が期待できると思います。

今月23日から、SoundJuliaの店舗へ
日本仕様のデモ品が入荷します。
(米国でも販売予定です。)

サイズ、価格などの詳細は入荷時にお知らせします。

以下
マイワールド(笑)

Grete Jalkのイス直りました。

DSCF0134[1].jpg

座面のメンテ完了です。

DSCF0135[1].jpg

隣にあるGE-240もメンテしたばかり...
どちらも古いのにやれた感じが無くなって
新品に感じるパリッとした感じがよみがえっています。(笑)

しばらく使い馴染むと良い感じになると思います。


タグ:音快速