2015年11月02日

final

DSCF0056[1].jpg
finalのプリ+MC昇圧トランス。

現在、メインのCF機器をメンテナンスへ出す為、
この機会に色々と機器を入れ替えて聴いています。

先日までJBL SA660で聴いていまして、
音質や躍動感など実に面白くて良いので楽しんでいましたが、
高音質物を聞いた場合、
経年劣化していると思われる音が気になるので
今度は音バカの(失礼)finalへ入れ替えました。(笑)

プリ
DSCF0058[1].jpg

プリですが、
フォノイコがメインで、ラインは付属というプリです。(笑)

現在、高級ヘッドフォンで一世風靡しているメーカーですが、
一昔前は、アナログなどをやっていたメーカーです。
あの、マイクロ8000番を隣に置いたら
8000番がひ弱に見えるほどのプレーヤーも有りました。(笑)

このプリへ繋ぐパワーアンプは、
ジュリアのSJ-6L6を使用し
アナログのカートリッジを色々と付け替えて
どれにしようか選びました。

SA660の時は、MMのシュアやテクニカ
テクニクスなどで聴いていましたが
丸針では高音質録音の切り裂けるようなシンバルの分解能などが悪いので
アナログでしか聞けないオーディオ馬鹿な音が欲しくなって
finalをひっぱり出してきたという感じです。

 色々繋いで聴いてみます...。

DSCF0059[1].jpg

先日、DENONのDL-103Sが良いとか話していたのでそれも出してきました。
ノーマルDL-103より高域の抜けっぷりが良く聴きやすいバランスで庶民的Hi-Fi音(笑)
普通に聞くには十分なのですが、音バカにはもう一つ物足りない...。

finalのアンプなのでもう少しオーディオ馬鹿っぽい
いっちゃってる音が欲しい!という感じですかね...。

枠を超えた様な音とでもいうのでしょうか?

AT33ML
これでもか!という程の抜けと切れ(笑)
目をつぶってしまうほどの切り裂けるシンバル!
ドスドス来るドラム...
ここまで来てくれると好きです。
疲れますが面白い(笑)

MC1000L
音数が多く、密度のある超Hi-Fiサウンドなんですが
国産候の音で聴いていると飽きる...。
音は悪くないのですが、
本家音バカの長岡鉄男が使用していた試聴用カートリッジ!(笑)
(私も長岡ファンでしたので悪口ではないです。)
これ使いこなしが微妙で、
わずかに針圧を+-するだけで音質が変わります。
若干軽い(0.05g)方が密度感が減り抜けが良く音がスカッとします。

DSCF0057[1].jpg

ベンツマイクロにしてみたのですが、
針先が飛び出ているので怖くて引っ込めました。(笑)
音は男! 力強く太めの筋肉質でドスドスきます。
切れと解像度も良く高級品!

テクニクスは広大でフラットなfレンジ感で迫ります。

SONYのダイアモンド針や光悦のメノーが何処にしまったか忘れて出てこない...。(泣)

MC30W+ドライカーボンシェル
重量感あるドスドスゴリゴリの低域で高域も切れて抜ける!
味わいなども有り音バカ一直線から音楽性の要素も入り抜群のバランス!
10W 20Wとは別物です...。
DSCF0060[1].jpg

トランスも変えてみる...。

DSCF0061[1].jpg

赤いのはオリジナルのMC昇圧トランスで、
箱入りはfinalのトランス(40Ω/3Ω)

finalプリの面白さを出すには
final同士の組み合わせの方が音バカ(良い意味です。)感があり面白いので
finalのトランスを使います。(笑)

今のところ全体的なバランスからMC30Wで行きます。

アナログレコード聴いた後でCD聞くと何だか平坦で面白くない...。
性能的にはDSDとかの方が比べるも無く良いと思うのですが、
聴いた感じで凄みのある音は、やはりアナログ!

何なんでしょうかね〜(笑)

アンプの球も交換して好みへ合わせます。

タグ:Final
posted by Lansing at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする