2015年08月28日

KEF MODEL 205/2 Accuphase P-4100

買取させていただきました。

後日、商品化致します。

P-4100

極上美品! 
2018年11月までメーカー保証付き
付属品完備、まるで新品です。
IMG_0023[1].jpg

IMG_0026[1].jpg

動作テスト時に、サクッと試聴いたしました。

B&W N805
以前のアキュフェーズに感じ感じることが多かった癖?
中高域が締まり高域端に煌めく感じのトーン
これが全くない!

中高域は、しなやかで伸びやか
高域端は、微細な繊細感
全体的に落ち着きのあるトーンで
聴き疲れする要素は無いです。

ゴリゴリ感や硬く締まる感じも無くウェルバランス
アキュフェーズ社の検聴用スピーカが今はB&Wですから
相性が良いというか、おかしなところが無い!

高域のトーンが合わないアンプを組み合わせた場合、
チョンマゲツイーターが派手に鳴る(笑)のですが、
そんな音は全く出ない!

フュージョンをかけて、ボリュームをグッと上げると
メーターの針が、1W往復から10W往復に変化、
更にボリュームを上げると
100Wまでびゅんびゅんメーターの針が振れますが、
うるさい感じは全くなく
無難にドライブし、平然と聴かせます。(笑)

ドライブ映像

KEFの高級スピーカーも試聴しました。

IMG_0028[1].jpg

IMG_0027[1].jpg

個人的に馴染みのあるKEFと言えば
楕円のドロンコーンが付いている104とか
おにぎり型ウーファーが付いた103などになります。

古いですね!(笑)

しかし、このKEFを聴いても
音質的にそれらに通じる部分が有って面白いと感じました。

ユニットがたくさん付いていますが、
低域は良く締まって、だぶつき感は無いし、
高域のユニットからも変な音が出ない(笑)

キックドラムも緩いバフバフでは無くドスドス来ますし、
密度と肉質感があり弾力的でしまった低域、
しかも、箱鳴きの要素は無い!

中音域は現代スピーカーによく聞く事が出来る
薄くて小ざっぱりした感じでは無く
音色も濃く表現も豊か!

ネットワークもバイワイヤを超えるトライワイヤですが、
(ネットワークが3つ独立しています。)
高域〜中音域〜低音域までの繋がりも良く
タイムアライメントや音色まで整い
それぞれの反応も速く
ユニットがたくさん付いている見た目とは裏腹に
レンジの広いまとまりある音を聴かせます。

流石に高額なリファレンスシリーズだけあって良くできています。(笑)

デザイン的に、
ヨーロッパスピーカーのトールボーイ型を色々混ぜたような形をしていますが、
音を聴く限り、
B&WでもソナスでもなくKEFって感じですから
真似では無くオリジナルという事に思います。

空間も良く出て面白いので
試聴しながら商品化します。





posted by Lansing at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

調光ノイズ

スポットライトに調光器を使用しているのですが、
最近ノイズが気になり波形を観察してみました。

適当な電線が無いので
純度8N(笑)のスピーカーケーブルで配線を引き

DSCF0718[1].jpg

オシロへ...。

DSCF0719[1].jpg

調光器のスケール50%の波形
(位相制御型ですね)

DSCF0721[1].jpg

絞り切ると

DSCF0722[1].jpg

全開100%の波形
100%にしても少しカットされている汚いサイン波形です。

DSCF0720[1].jpg

測定場所を壁コンセントに変えて
調光50%で電源に乗ってくるノイズを見ると...。

DSCF0723[1].jpg

更に2つ調光器を操作して
明るめと、50%、暗め、の3つ動作させると
見事に3本ノイズが乗りました。

DSCF0724[1].jpg

3つの調光器を50%にするとノイズの位置が合います。
壁コンセントへ電源トランス100V:100Vを繋いで通過させても
当たり前ですがノイズは取れません...。

ノイズフィルターとか通すと
こういうノイズも取れるのか?
後日実験します。

DSCF0725[1].jpg

試しにスライダックで調光した場合、
波形の大きさが変わるだけでノイズは乗らないし調光もスムーズで、
調光対応じゃないLEDランプとかでも
点滅などする事無く上手く調光できてしまいました。(笑)

対策的には

・調光回路を外して使用しない。

・ノイズの出ない(存在するのか?)調光器に入れ替える

・ノイズフィルターで改善する場合
 照明回路側に入れてオーディオ回路へ回り込まないようにする

・100V電源トランスの出力電圧タップ切り替えで調光する

・スライダックを使う

落ち
・調光回路の照明を全部消して聴く (笑)


以下お知らせです。

明日、8月25日(火)の営業時間は、16:00までとなります。
8月29日(土)は、12:30までの営業となります。
買取とセッティングへ行ってまいります。


タグ:調光ノイズ
posted by Lansing at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

ケーブル

昨日の定休日は、
建築デザイナーの先生を交え、
新築工事のお客様と
サウンドジュリアで打ち合わせした後、
話題の(笑)IDC大塚家具&セレクトショップ回り...
今日は、お客様より依頼のケーブル作りに励んでおりました。(笑)

DSCF0717[1].jpg

プラグは分解してコンタクトオイルを塗布しています。
もちろんケーブルの被服を剥いた部分の導体もです...。

DSCF0714[1].jpg

時間が自由に使えるので
ケーブル製作後、
先日のSONYケーブルを入手し、
CD-34の出力ケーブルを交換いたしました。

DSCF0715[1].jpg

見た目がチープなCDPですので
豪華な箱を設えて見栄えも抜群になっています。(笑)

見えませんが底板の足はSJ-SI4個です。

DSCF0716[1].jpg

ブログを書きながらエージングをしています。

繋いで直ぐは高域が立って音が粗く痩せている感じがしていましたが
粗さが取れフォーカスがピシッと合ってきて
欲の無いバランスの取れた感じになってきました。

明日もBGMで使用してエージングします。


タグ:ケーブル

2015年08月18日

CARDAS 電源ケーブル

パワーケーブル要りませんか?
3本あります。

DSCF0709[1].jpg

太陽インターナショナルのギャランティーカード付 
いわゆる本物です。(笑)

3本の内、2本は、
プラグがコンセントタップへ当たって刺さらない為、
ユーザー様が角を削った物になります。

年代的にはPSE施行後のケーブルで、
フルテックのプラグとIECとなっています。

PSE施行の関係で、
製品として売る事が出来ない為、
名目的に、ケーブルパーツとして販売された最終物です。

太陽インターナショナルから販売された物で
ギャランティーカードも付いていますから、
偽物とかの問題はありません。

それぞれ、長さ1,5mのGolden Power Cord です。

プラグに問題の無いケーブル
¥48,000-
DSCF0710[1].jpg

プラグが削れているため
¥30,000-
DSCF0712[1].jpg

プラグが削れているため
¥30,000-
DSCF0711[1].jpg

削れているプラグが気に入らない場合
ご自身で交換されれば格安でケーブルが購入できます。
同じプラグは廃番になっています。
見た目、あまり変わり映えしませんが、
現行は、Fl-15M Plus(R) 実売価格:¥4,000〜5,000-/1個
となります。

興味のあるお客様は、

ケーブルと言えば、
2015年7月、SONYがアナログケーブルの販売を中止いたしました。

RCA---RCAは当然ながら
ミニジャック--RCA、フォン--RCA等も含め
全部終了させるみたいです...。

SONYからの販売は終了していますので
現在は、家電店に在庫があるもの等しか入手困難となってしまいました。

いわゆるコレですわ!
DSCF0713[1].jpg

以下、
オーディオ屋としては反逆罪となる内容になります(大笑)

見た目チープでバカにしてしまう様なケーブルですが、
音は素直で癖が無く素晴しいケーブルです。

ビンテージケーブル、
例えば
WEの癖を聴いている場合や、
オーディオブランドケーブルの音が好みなどの場合は別にして
この安物のケーブルは、
何も足したり引いたりしていないところが凄いんです。

スピード感、音色、帯域バランス、空間、奥行感など
何一つおかしな要素はありません。

何を弄っても直ぐに反応してしまう装置なら凄さは直ぐに分かると思います。

無くなる前にお試し頂けると面白いです。

ちなみに
接続方向に付いては
方向性の決まりも記載もありませんが、
SONYの文字方向を順方向として接続するか
逆に繋ぐかで、音はかなりの違いがあります。

有名な海外のB社製ケーブルと比べても
比べた時間が無駄だったと思えるほどSONYの圧勝で、
「もう〜まいっちんぐ」 (古)ですよ! (大笑)

以下、
私の意見を半信半疑
眉唾でSONYのケーブルを購入し、
試聴したお客様からいただいた熱い(笑)コメントです。

-----------------------------------------------------

ソニーのケーブルのバランスの良さには驚きです。

白赤と黄色のRCAケーブルを何とか購入でき、

全部ソニーでそろえて方向も合わせました。


安いRCAケーブルにも、

一瞬でわかるほどの方向性があるなんて、

全く知りませんでお恥ずかしいです。


ソニーもこんなものが売れると儲からないので、

モデルチェンジするとしたら腹立たしいですね。


最初は先入観でちょっとカスッとした安い音の印象があったものの、

2〜3日後の真夜中1時ごろに音が豹変していて、

透明度、低音の弾力、滑らかさ、瑞々しさがすごく増し、

重心も下がってピアノの音も沈み込み、

ベースも弾んで超満足の音質となってました。

-----------------------------------------------------


すでに電線病にかかっていらっしゃる方、
ラインケーブル迷い道で困っていらっしゃる方お試しください。

続きを読む

2015年08月17日

TDK

人体の点検に行ってまいりました。(笑)
結果は後日ですね...。

ちなみに、腹回りは減っておりました!

前の店舗は吉牛の二軒隣でしたから、
気を抜くと昼は吉牛...。

朝、昼、晩のメシ、昼が吉牛だと
体の1/3は吉牛製になってしまいます...。(大笑)

吉牛から離れると、体の1/3が入れ替わり
腹回りが減ったのではないかと推測(笑)

ドンブリ一杯の炭水化物と肉、濃いめの味付けですからねぇ〜

色々検査しましたが、
採血する前に説明の能書きが喧しい...。

採血中に看護婦さんと会話

私        「僕の友達、試験管に入る血を見たら倒れたんですよ〜」
看護婦さん  「こういうの、男の人の方が弱いんですよ...」
私        「エッ!」(笑)
看護婦さん  「採血後、気分が悪くなって、このベットで横になる方、かなり居ます。」

なんだかな〜です。(笑)


先日のTDKケーブル、
エージングも進みまして、ある結論が出ました。
DSCF0698[1].jpg

ケーブルに方向性の記載は無いので
決まった接続方向は無いのですが、
文字列と逆の方向が良い結果になりました。

出口(スピーカー)---(TDKケーブル文字列→)---入口(アンプ)

ユーザー様から頂いたコメントを勝手に記載(笑)です。
-----------------------------------------------------------------------------------

逆方向は一変して大人な感じ、

順方向にあった素敵な響きは消えますが

楽器の質感がよりしなやかに、抜け良く聞こえます。

音の周波数バランスも日本のケーブルとは思えないほとシックな感じになりました。

-----------------------------------------------------------------------------------


私の場合、

文字列の順方向ですと、

音は締まり高域も低域も無駄な音は無く

中音域の定位感が抜群、

高性能なHi-Fi調で、

低域は馬力があり、グッと踏ん張りが効いている...。

高域の煌めき感がPCOCCで、

日本製のオーディオ用高性能ケーブルって感じ、

逆は締まり感が、しなやかになり、

残響や響きの感じ、奥行き感などが深く良くなって

低域の踏ん張り感は弾む感じになり

音色も順方向より明るく良い感じで

高域のPCOCCの煌めきは弱くなり

いかにも日本製のオーディオ用高性能ケーブルって感じが薄くなった...。


オレンジ君と比べると、TDKはモニター調、

古いスピーカーより現代スピーカーとのマッチングが良いです。

物凄くまともな(笑)日本製品という感じが面白いので

時々変えて遊びます。


話は変わります。


家具屋さんから買い付けたコンテナが着いたと連絡がありまして

北欧のビンテージ フロアランプを買いました。


DSCF0708[1].jpg


チークと真鍮で出来ていますので

これとマッチングが良い感じです。

DSCF0707[1].jpg


あとはウェグナーのイージーチェアが欲しいです。(笑)

タグ:TDK

2015年08月16日

MICROエアポンプ修理

レコードをターンテーブルへ吸着させるバキュームシステムが上手く動かないので
分解して確認すると、ホースがNG...。

DSCF0699[1].jpg

ポンプユニットを分解し、サブタンク(薬の瓶?)...(笑)
を外すと、ホースは劣化でバキバキ...

DSCF0700[1].jpg

劣化ホース

DSCF0705[1].jpg

ホースがどの様に繋がっているのか分からないけど
ポンプは動くので取りあえず直す...。

ホースの差し込み部分は腐っています。

DSCF0702[1].jpg

緑青を取り除くのがとても面倒...。

DSCF0701[1].jpg

モーターユニットに内蔵されている
バキュームNO/OFFバルブのホースも交換です。

DSCF0703[1].jpg

ここまで一気にやっていますので、
やる気エネルギーが、かなり消費され、
脳内からイヤイヤ物質が放出されてきました。(笑)

DSCF0704[1].jpg

ホース劣化で正確なホースの接続が不明なので
ホース接続をパズルの様に繋ぎ変え...(笑)
ついにバキュームする様に繋ぐことができました。

やる気エネルギーが無くなってしまう前に
組み上げて全部戻します。

バキュームシステムON/OFFの映像

ONすると、
ビニールのレコード盤が石の様な響きに変化!
レコードの曲りも無くフラットになります。
OFFでビニールへ戻ります。(笑)


これにSAECのアームと
高解像度でワイドレンジのカートリッジを付けて
ダイレクトカッティングのレコード聴くと
いっちゃってる音で酔うんですよね!(大笑)



posted by Lansing at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

TDKスピーカーケーブル

DSCF0698[1].jpg

4日のブログで書いたTDKのスピーカーケーブルです。

DSCF0697[1].jpg

こちらの結論が出ていませんが、
早速試したいと言われるお客様がいらっしゃいまして
指定通りに作りました。(一番上の写真)

マルチコンタクトプラグに太めの線を使用する場合
背面からジョイントする事を諦めれば工作できます。

キャップを切り取りケーブルへ被せ
プラグとケーブルをハンダ付けします。

DSCF0695[1].jpg

プラグをカバーへ挿入し
ケーブルへ被せたキャップを移動させてはめ込んだら完成です。

DSCF0696[1].jpg

お客様からの感想が楽しみです。

以下ご案内です。

昨日のお盆休みのご案内に追加させていただきます。

8月17日ですが、
1964年に製造された自分の点検(笑)
健康診断の日である事を忘れていました...。

ご迷惑をおかけいたしますが午前中はお休みとさせていただきます。
遅くても午後2時ごろには開店できると思います。

また、不定休となっていた15日は、お休みとさせていただきます。

よろしくお願いいたします。


2015年08月10日

盆休みのご案内!

お休みはこんな感じです。

11日(火)お休み
12日(水)定休日
13日(木)定休日

14日(金)不定休
15日(土)お休み
16日(日)不定休
17日(月)健康診断の為、14時からの開店となります。


明日の11日は、
お寺&墓参りの為、お休みいたします。

不定休の時ですが、店に居る場合は、
電話に出ますので確認の上ご来店願います。

大人気のFノイズイレーサーですが、
パッケージを作りました。

DSCF0694[1].jpg

ファイネストノイズイレーサー:¥25,000-/1個

話しは変わります。(笑)

店の前の工事ですが、
3日で建屋は無くなり、
4日目は基礎の部分を掘り起し、
5日目で整地して終了、
盆明けから新築工事が始まります...。

店内、三重窓からの写真

DSCF0684[1].jpg

また話は変わり...

アンプメーカー様より、
ふる〜い真(笑)空管試験機を頂いたので
手持ちの球をチェックしてみました。

使用中の球に若干経たりを確認した為、
前に使用していたビンテージ管へ交換すると、
音のバランスが変わり、色々と弄る事になってしまいました...。

天井の反射調整バーの上に吸音材を載せ
DSCF0693[1].jpg

SW-1000Lのセッティングも変えました。

DSCF0691[1].jpg

ベースボード+ドライカーボンインシュレーター

DSCF0689[1].jpg

クロス周波数を上げてレベルもUP

エソテリック P-0の電源

DSCF0686[1].jpg

足回り

DSCF0688[1].jpg


Fノイズイレーサー
ノイズイレーサー大判
ドライカーボンアブソーバー
ドライカーボン天板
電源本体
ドライカーボン底板
ドライカーボンスパイク
ドライカーボンスパイク受け
ドライカーボンベース


入口を良くしませんと出る音もNGと思いますので
出来る限りやっております。
カーボン以外は、
専用電源回路と大地アースでノイズを吸引しています。

オーディオの電線病ではなく
カーボン病になるとこんなものです。(大笑)

更に上を行くお客様もいらっしゃいますので
私のやっている事など普通(大笑)です。


posted by Lansing at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

音響対策

向の家ですが、
朝からガンガン解体しています。

ちなみに
サウンドジュリアとは一切係わりのない工事です。

工事する前にお聞きした話では、
建てる家は積水ハウスと聞いたのですが、
解体工事は他の所がやっている?

外で見ていた施主様に質問すると

「解体専門業屋へ見積もりを出して一番安いところで解体してもらっている...
積水ハウスへ頼むより3割安いよ!」

なるほどです。

養生も甘いし
道路占有許可も掲げてなくて
交通整理のオジサンも居ません。(笑)

事故なども含め
何もトラブルが無い事をお祈りします...。



昨日
DSCF0681[1].jpg

今日
DSCF0683[1].jpg

店内は防音壁の構造では無いのですが、
部屋を音響対策致しますと
遮音性が高くなりますので、外の音もあまり気になりません。

施主様から
「うるさくてゴメンネ〜」 と言われましたが

ぜんぜん大丈夫です。(笑)

どんな感じか下の動画を見てください。


店内のエアコンはONです。

YoutubeへUPしたら
店内の窓から眺める映像の部分で、
何故かエアコンの送風音が「ゴ〜ゴ〜」という音に変質しています。?
送風音は、小さく「サーッ」と聞こえているだけでその様な音では無いのですが...。

かなり遮音していると思います。
面白いのは、
ケッタマシーンや車がほぼ音の無い状態で通りずぎます。
防音壁はありませんので
さすがに屋根を壊すときの爆音は聞えますね...。




防音壁を作った上にこの構造のオーディオルームを作られたお客様の家は
夜の2時に爆音で交響曲を鳴らしている状態で
庭に出ても何も聞こえてこないそうです。(大笑)

話は変わり
在庫のTDKのスタッカード構造のスピーカーケーブルへ
マルチコンタクトプラグを付けて試しています。

オレンジ君から繋ぎ変えてみると
まるで、最新型の新品を売っている
高級Hi-Fiオーディオ店の試聴室で聴いている様な音です。(笑)

エージングで音が変わって来る可能性が高いので
またご報告します。


タグ:音響対策

2015年08月03日

Finest noise eraser

ドライカーボン製のノイズイレーサーですが、
Finest noise eraserと付けました。

土、日は、HDCとFinest noise eraserの人気が高く
お買い上げいただいたお客様ありがとうございました。

ご自宅での効果はいかがでしたでしょうか?
またのご来店時に感想をお聞かせいただけると嬉しいです。

Finest noise eraserは、徐々に製作しておりまして、
ご注文頂いたお客様の分は製作できました。

DSCF0682[1].jpg

ケースもイレーサーも、
理屈が分からず半信半疑?なお客様もいらっしゃいますし、
効き目にビックリされるお客様もいらっしゃいますし、
「これは凄い!」とおっしゃって、すぐに購入いただけるお客様もいらっしゃいます。

十人十色、三者三様、本当にその通りだと感じました。(笑)

純粋なドライカーボンは
天板等の特注品を製作したりしています。

DSCF0667[1].jpg

DSCF0668[1].jpg


話しは変わり、
店のお向かい様ですが、
新築されるという事で、今日から解体工事が始まりました。

DSCF0681[1].jpg

屋根から瓦を

「ガシャ、ドスッ、バリッ」っと、ダンプの荷台へガンガン投げ込んでいます。(笑)

店は音響対策されていますので、
うるさい事も無く平和!
静かって良いなと感じます...。

また話は変わります。(笑)

出勤して店内のメインアンプに電源を入れると
エアコンが反応して
熱いアンプへ冷風を送り始めます。

更にオリジナルの球のアンプまで電源を入れると
エアコンが強力に効きはじめ...。

何だか、夏に電気ストーブをONしてエアコンもONしている様な気分になり
省エネ反逆罪(笑)の様な罪悪感を感じてしまいまして、
メインアンプは必要以外はOFF
SJ-Preamp と SJ-6BQ5 をON
入力はCD-34、
スピーカーはTANNOYレクタンギュラー ヨークかN805で聴いています。

2015年08月01日

ノイズイレーサー

DSCF0676[1].jpg

DSCF0679[1].jpg

大きさ:縦50mmx横50mmx厚み12.5mm

ノイズイレーサー
究極バージョンが完成いたしました。

パワーを発生する材料をドライカーボンでサンドイッチ!
改善効果をグッと高めましたので、これ一個でも素晴しい効果を発揮します。

エネルギー感がグッと上がり
中低域の腰の入り方が格段にUP!
低域のエネルギーが高まりますので
例えばジャス/フュージョンの低域ゴリゴリ感はご機嫌になります。

濁りやボケ感を一掃しますので
演奏中のノイズ感が減り、音が澄んで奥行や空間も広くなります。

お試しいただくと
「何で」?みたいな効果だと思います。

こういうアイテムを全く使用されていない方の場合
入力機器に一個、例えばCDPの天板へ載せて聴けば
かなり驚かれると思います。(笑)

販売用の製品が完成しましたら小売りを致しますので改めてご報告します。