2016年09月27日

色々やっています。

お客様の依頼で、バイワイヤスピーカー対応のオレンジ君スピーカーケーブルを作りました。

DSCF0571[1].jpg

スピーカーターミナルをジャンパ-で繋いでいる場合、
4つの入力方法がありますが、全て音質が違ってきます。

1、+−ともに高域側から入力
2、+−ともに低域側から入力
3、高域側+ 低域側−
4、高域側− 低域側+

Y字になっている部分もケーブルの方向を合わせていますので
上記の様な音質差もなくジャンパーやショートバーより
音像が明確で音場空間などの表現も良くなります。

平行ビニール1m¥100-程度の電線で
Y字効果の実験が手軽にできますので試してみてください。
ジャンパー線やショートバーより効果的だという事が確認できます。

今月は、ラダーケーブルも数十万円分売り、
オレンジ君も数十メーター(こちらはメーターです。)売りましたので、
ケーブル屋の様になっています。(笑)

話は変わります。

チューニング依頼されている
N-Soundのスピーカーですが、ヘッドの改良版を試しました。
(ラズパイオーディオで後回しになっていました...。)

ヘッド部分から覗くと、バイクのマフラーの様な構造となっています。
DSCF0572[1].jpg

ケーブルをオレンジ君へ変更し、接合部の緩衝材をすべて取り除き
ケーブル接合部の接点は、全てはんだ付けし、
内部の吸音材の量や、低域ポートの大きさのチューニングをいたしました。

付け替え後
DSCF0579[1].jpg

細い三本足ですが、剛性も上がり、反射する部分が拡散したおかげで反射音が減りました。
この改良で、強度が弱く、音が反射していたネック部分の対策が概ね完了です。

最初は上のヘッドでした。
DSCF0580[1].jpg

音の出方は激変しています。
改良前、店で聞いたことがあるお客様は、次回の来店時
もう一度聞いてみてください。
余りの変化に耳を疑うと思います。(笑)

このN-Soundは、下の写真の椅子の左右に置いてありますが、
音像定位は正面に置いてあるタンノイとJBLの辺りへ深く広がり広大です。

今回の低域ポートの変更で低域の出方はもちろん変わりましたが
使用しているユニットを見たら信じられないと思える程の爆音まで鳴るようになりました。

DSCF0570[1].jpg

独特の広い音場で再生される音は、
目の前に置いてあるスピーカーから音が聞こえなくて
奥深く広がって聞こえますので
初めて聞かれる方には騙されているような異様な感じだと思います。(笑)



2016年09月23日

ラズパイオーディオ2

先回のDACパーツを、庶民的な汎用品へ変えて作り試聴しました。

普通の電解コンデンサ
DSCF0562[1].jpg

一般的なカーボン抵抗
DSCF0561[1].jpg

で、音の方は、どうなったかというと、
当然、庶民的な音へ変わりました。(笑)

静寂感、S/Nの良さがガクッと落ちて、雑味等、音に汚れ感があります。(笑)

高域の、いかにも高性能という感じが薄れ、
OSコンと金属皮膜抵抗が醸し出す
ワックスがかかったような綺麗で澄んだ感じがなくなりましたが、
屈託なく、サクサク軽快に切れて、開放感あるサウンドになり
変える前の整った感じが減り、躍動感が高くなりました。

パーツを変えてもあまり変化のない部分としては、
中低域に腰が入らない感じがあり、
高域よりなエネルギーバランスがあまり好きではないので、
このDACを弄ることをやめにして
DACチップは、ESSではなく、TDA1543として基盤を作り試しました。

TDA1543は、I2S信号で動きますので、
S/PDIF信号(デジタルケーブルで繋いだ場合)で繋ぐのと違って、
レシーバーICなども必要なく、ラズパイ直で結線すれば動きます。

早速工作に入りますが、
最近、老眼(笑)で、細かなところが見えませんので、
工作用のルーペ装着です。(笑)

基盤裏
DSCF0563[1].jpg

基盤表
DSCF0564[1].jpg

どんどん作る
DSCF0568[1].jpg

必殺!WEビンテージ線で魂を注入します。(笑)

先に出たESSのDACの場合もWE線へ変えると
WEの要素を含んだ音に変化することを確認していますので、
このDACは最初からWE線を取り付けます。
DSCF0567[1].jpg

これをもう1台作りDUAL化!

DSCF0569[1].jpg

見た目、
こんなんで、音が出るの?って感じですが、
気持ち良く 一発動作!(^^♪

とりあえずの試聴ですから、
置き方、配線、グチャグチャですが、
出てくる音は、近年の高性能DACチップと別物!

WEと1543で重心が下がり、嫌な高域が付きまとわなくなり、落ち着いています。
配線グチャグチャなので、干渉がありますが、出てくる音は良い感じです。

音源は、WAVでリッピングしたものをSDカードへ入れてラズパイへ装着、
音だし操作は、スマホ(写真はiPone6)で、画付のリモコンの様に動かせますので簡単です。

試作で完全にまとまっているわけではないのですが、
音は個人的に気に入っていますので、
エージングという名目で、楽しく試聴しています。(^^)

形にする場合、ケースはもちろんですが、分割電源、配線の引き回しなどの検討も必要ですし、
TDA1543の入手困難で不人気(良い音と思わkれていない)DACで作るのかとか、
最新のAK、ESで作った方がウケる等の意見もありますので悩むところです...。

まぁ、どんなにPLAYしても、CDPやトランスポートの様に
ピックアップレンズの寿命が...とか考えなくても良いですし、
壊れたらラズパイ本体も安いし、DACもCDPより安いので
お気軽であることは確かです。

TAD1543DACは一人走りですので、
一緒に手掛けているもう一人に聴いてもらって、今後の方向を定める考えです。

DSCF0570[1].jpg








posted by Lansing at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

ラズパイオーディオ

ラズパイ+I2SDACシステムの廉価版の音質向上実験で、
動作を弄り、配線をWE化しますと、
ご機嫌になってきました!(笑)

音源:ラズパイ+I2SDAC
アンプ:SoundJulia SJ-プリアンプ+SoundJulia SJ-6L6(パワー)
スピーカー:JBL D208+075
ラインレベルの接続線は、SONYの激安赤白ピンケーブル


次回はDACのパーツ変更で、
どれだけ音質が変化するのか試します。

posted by Lansing at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

Marantz7 Mcintosh C22 SoundJuliaプリアンプ

お客様よりお預かりした修理品のテストです。

銘機が2台もあるので聴き比べをしました。




どんなもんでしょうか?(笑)

セブンは中高域の艶とか音色が特徴的で、太さがあるけどスッキリ聴かせます。
マッキンは、ピラミッドバランスの野太い音で迫ってきてアメリカって感じ!
SoundJuliaは、上記2台を足して2で割って整えた感じ(笑)

posted by Lansing at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ネットワークオーディオ

先に押し売りです。(笑)

匠製
無垢の最高級ブラックウオールナットを使用したCDスタンドです。

DSCF0549[1].jpg

手作りで、触り心地抜群!なかなか素敵な造形美です。

DSCF0550[1].jpg

CDを立てるとこんな感じ...。

価格:¥1,000-/1個(税込み) 残数4個、店頭でのお取引のみ
DSCF0551[1].jpg

ネットワークプレヤ―の廉価版を試作しております。

DSCF0547[1].jpg

S/PDIFの出力モデルは、素晴らしいところまで、できておりますが、
繋げるDACがヘボイと当然音もイマイチとなるので、
市販のもので構成し、アナログライン出力まで出るようにして
何とか良い音にならんものかと試しています。

基盤はラズパイ3を使用し、
ラズパイからのI2S信号を直ぐにDAしてライン出力...。

格安で良い感じに仕上がらないかと試しています。

青く光っている部分が、I2S DACで、その下がラズパイ3
右がアナログ電源

電源以外はネット通販で購入できますが、
そのまま作って動かすと、
モッサリして何も面白くない音が出ますので
ラズパイの動作を変更し、アナログ電源を使用しています。

電源のみ交換し、試してみると、
二次電池駆動は、静寂でS/Nが良く
コーセルの高性能リニア電源は、穏やかで安定し、広い感じになります。
アダプターやスイッチング電源は、質感からして粗悪な音になるので除外です。
二次電池、コーセルで、悪くないのですが、
躍動感や人間的な当たり、音色等が欲しいので、アナログ電源を作り繋げています。

ラズパイの動作を変更してモッサリ感は減少しましたが、
音の出方が、やや高域よりのエネルギーバランスとなり、
中音域の音の濃さと低域の厚みが薄いので、
聴いていると「イラ」っとしてきます。(笑)

I2S DACの構成パーツ(抵抗とコンデンサ)は、推奨の物で組んであるのですが、
金属皮膜抵抗とOSコンで構成される想像通りの音ですから、
別のパーツで組んだ比較用基盤をもう一枚作ります。

電源は、それぞれ分割すると良い結果となりますが
廉価版で良い感じにしたいので
ラズパイの動作とDACの構成で、何とかならんか(笑)と頑張っています...。

音源は、手軽なのでSDカードに入れて試していますが、
ハードディスクでもOKです。

操作はスマホやipad、ノートPCからWi-Fiで繋げて
画面付きリモコンの様に操作できます。

昨日の日曜日、この未完成ながら音が出る(笑)基盤で鳴らしながら
今後の方向を考えていたのですが、
音にうるさいお客様が聞いてしまうと、
色々と気になっている部分に付いてダメ出しされるので(笑)
お聞かせするのは、やはりもう少し煮詰めてからの方が良いと感じています。

高級なパーツで作り上げるとか、
ハイスペックにするとかではなく、
聴いた感じが良ければそれでOKと考えています。

この後、DAC基盤を比べ、どう変化するか確認し、
良い方向となればその方向で進め、
更に良い感じの音になる様に、ラズパイの動作を弄ります。

色々試していれば、
この廉価版でも普通に聞ける程度まで良い感じになるのではないかと思っています。






posted by Lansing at 19:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

CZ-1

Croaazone CZ-1の販売店になりました。m(__)m


早速開梱します。
DSCF0534[1].jpg

DSCF0535[1].jpg

新品 こんにちは!(笑)

DSCF0536[1].jpg

マグネシウムで出来ていて、カメラの様な質感です。

DSCF0537[1].jpg

DSCF0538[1].jpg

今までにない技術で作られていますので、
販売店には、資料が配布されました。

DSCF0540[1].jpg

DSCF0542[1].jpg

外資系の出資ですが、製造は日本製です!

ハッキリ明記されていませんが、
カメラメーカーとオーディオブランドで、
チノンとTADです。

DSCF0541[1].jpg

前方定位になる技術的な事が記載されています。

DSCF0543[1].jpg

ユニットの説明

DSCF0544[1].jpg

ヘッドフォンには左右がありますが、
ケーブルは、左右の識別なしです。
どちらに差し込んでも、ステレオ定位します?

DSCF0545[1].jpg

ゴツイ ヘッドフォンですが、装着感は抜群に良いです。

DSCF0546[1].jpg

採用の理由ですが、
今にない音質のヘッドフォンですし、
製品としての作り込みが良く、
これ1台で勝負してくるところが良いじゃないですか!(笑)

手持ちの高額品と言えば下記でしたが、すべて売却...。

美音系で酔う音です。(笑)

今は、庶民的な(笑)
B&O fom−2  
pioneer HDJ-2000改

fom−2は、聴いた瞬間、中音域の強いナローな感じですが、
聴いていると、過不足なく聞こえてくる面白いヘッドフォンで
安いし、掛けていることを忘れる軽さが使いやすくお気に入りで、
HDJ-2000は、ノーマル状態で、へぼいアンプで鳴らしますと、
ブリブリ、バフバフ低音系のヘッドフォンですが、
リケーブルして、ドライブするアンプが良いと、化けて良い感じになります。

今までは、この辺りが常用となっていたのですが、
CZ-1は、上記高額品も、これらも含め、全く違う聞こえ方で聴かせます。

音を聞いている感覚は、
スピーカーから聞いている感じなんだけど
実はヘッドフォンを掛けて聴いている...みたいな(ちょっと大げさ)

頭内定位より広い音場感があります。
高域も低域も、強い感じで誇張する事なくワイドレンジで自然です。
ボリュームを上げても、破たんする感じが無くうるさくないです。
聴いた瞬間は、分解能が悪く聞こえますが、
実際は、自然な感じで高分解能な音が出ています。
音の出方が、そこらへんに転がっているような
いつも自然に聞いている音とあまり変わらないので
オーディオ臭さ、ヘッドフォンでございます感がありません。

朗々と鳴り、音密度も高く、濃いめです。
オープンエア―の様な、薄くて軽い音ではありません。
と言って、密閉型の窮屈感も無いです...。

音的には、
高域が、シャキッと出る音が好きな方にはウケません
美音系で爽やかさや、瑞々しさが溢れているヘッドフォンが好きな方にもウケません。
いかにも、低音、高音、切れや分解能みたいなオーディオ的要素を誇張するヘッドフォンが好きな方にもウケません。(笑)

スピーカーで聴く方が好きで、ヘッドフォンが嫌いな方にはウケる可能性大です。

仕入れの仕切り価格が高いので、
現在、大きく値引きして売っている販売店は無いと思いますが、
参考安売り 価格.COM
サクッとお値引きして販売いたします。


タグ:CZ-1
posted by Lansing at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

JBL L26

JBL L26をメンテナンスが終わり試聴しております。

DSCF0527[1].jpg

DSCF0529[1].jpg

DSCF0530[1].jpg

DSCF0532[1].jpg

DSCF0531[1].jpg

DSCF0528[1].jpg

DSCF0533[1].jpg

抜け、切れが戻り、爽快感ある音へ蘇りました!

LE25ツイーターの爽やかに抜ける音は気持ち良いです。

JBLがハーマンになってから、死滅したサウンドを聴いてみてください。(笑)

クラッシックも明るい表現でイケます。(笑)


ジャズももちろんOK!


売れるまでは(笑)店で聴けます。

タグ:L26
posted by Lansing at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

JBL L26

DSCF0518[1].jpg

程度の良いL26が入荷しました。

お決まりのアッテネーターにガリがありますので直します。

マッハで分解! (笑)
DSCF0519[1].jpg

軸のグリスが流れ込み、巻き線抵抗に緑青が...。

DSCF0520[1].jpg

分解不可能タイプですので、隙間から研磨します。
スーパーコンタクトオイルでグリスをふき取り紙やすりで磨きます。

DSCF0522[1].jpg

片方も同じように仕上げます。
こちらは、見た目綺麗です。

DSCF0524[1].jpg

分解可能タイプですのでバラします。

DSCF0525[1].jpg

磨きました。
写真では見た目が変わりません...。(笑)

DSCF0526[1].jpg

抜群にスカッと抜ける開放感ある音に変化しました。

もちろん、戻す時、各ユニットの接続部等の接点へ
スーパーコンタクトオイルを塗布しています。

このLE25ツイーター、試聴していつも感じる事は、
紙製の乳首みたいな(笑)ツイーターから、
シンバルの音も、トランペットのミュート音も、
まるで、ドライバー+ホーンの様な切れの良い音で再生されてご機嫌です。

ジャズなど「シャ〜ン、チィ〜ン」とシンバルがさく裂する音も
エネルギーの強い切れる音で飛んできますので、
紙の乳首からこの音?って感じです。(笑)

NOVAだと、濃くておとなしめの高域になるのですが、
L26は、スパッと来ますね!(笑)

紙なのに、何でドライバーみたいな音が出るのか?(笑)

アルニコのウーファーからは、ブリブリ来る低域、
LE-25のスカッとした高域と合わさって
旧JBL丸出しのサウンドは、今にない爽快感ある音だと思います。

それから、
無指向性スピーカーのヘッドが届きました。

純正
DSCF0514[1].jpg
ネックが一本で太いので、音が反射するのと、
支えが弱いので、音で振動して微細に揺れます。

安定感が無いので、ピンを立てて揺れを抑える対策をすると、音質が、すごく改善します。
DSCF0515[1].jpg

新規製作品

DSCF0516[1].jpg

細い三本足にしました。

手で力を入れても微動だにしません。(笑)
細いので、反射も少ないと思います。

DSCF0517[1].jpg

後日、組み直して試聴します。
続きを読む
posted by Lansing at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

SONY XA5400SE

久しぶりにピックアップレンズのクリーニングをいたしました。

ビフォー
DSCF0505[1].jpg

アフター
DSCF0508[1].jpg

チリやホコリの付着が少ないレンズでしたが、くすんでいる感じがなくなり透明になりました。

機器の全体像
DSCF0510[1].jpg

右側がフィルター回路と電源トランス
真ん中上がドライブメカ
左上が電源回路
左下がデジタル回路(DACとか)
こう見てみると、電源が立派なSACDプレーヤーです。

開けたついで、
電源やフューズホルダー、
各ハーネスにスーパーコンタクトオイルを塗布

戻して試聴すると、
高域がしなやかで高分解能になり、空気感等も良く出て、音離れが良くなりました。
全体的な音密度も上がり、安物のPCオーディオみたいな感じのチャリ付き感が無くなった(笑)

定価:¥18万程度のプレーヤーですが、
高分解能な音が特徴的!
海外製のCDPに聞くことができる
味わいとか深み、芸術的な表現などはありませんが、
キッチリと正確でまともな音が聞けます。

レンジも広くエネルギーバランスもフラット、
スピードも速く、濁る感じが無いので
何か、独特な要素が欲しい場合、
その他の機器で音作りする必要がありますが
適当な物を探している場合、これでよい感じです。

以前入荷したとき、
電源直結、ノイズイレーサー張り付け、インシュレーターをドライカーボン化しましたが
高分解能で超速なプレーヤーと化した記憶が蘇りました...。(笑)




タグ:SONY XA5400SE
posted by Lansing at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

アンプの掃除 AT-FA5ES

外観はきれいなアンプですが、放熱孔から覗いてみると、
うっすらホコリが見えるので掃除...。

綺麗なお部屋でも、数年置いてあればこの様になります。

大型パワーアンプの床置き等の場合、
かなり凄いことになっていますので、
時々、掃除した方が良いかもです。(笑)

DSCF0479[1].jpg

見たくないけど、寄ります。
う〜ん、イヤですねぇ〜(笑)

DSCF0480[1].jpg

部屋の中で掃除すると、えらい事になるので(笑)
アンプを外に出し、
刷毛、ハンドブロア、人間(私)マウスブロア(笑)でホコリを吹き飛ばし、綺麗にします。

このアンプは、20年でこの状態ですから、とても綺麗な方です。

概ね綺麗になりました。

DSCF0481[1].jpg

綺麗にして、基盤をよく見ると、レギュレターのハンダにクラックが入っていましたので直しました。
ついでに、簡単に抜き差しできるハーネスだけ抜き差しして
接点の接触改善をはかってみました。

戻して聞いてみると、
ホコリまるけで何もしていない状態で聴いた時より
高域がしなやかになり、中音域が厚くなっています。(笑)

掃除をして感じたことですが、
SONY製ですが、作りはしっかりして金がかかっています。

上から見ると、電源と、パワー段が大きな割合を占めているので
プリメインではなくパワーアンプかと思える感じです。(笑)

全く人気のないプリメインアンプですが、(笑)
立派な電源、高品位なパーツ、レイアウトもちゃんとしていて
シングルプッシュプルのハイスピードなパワー段等、
無駄な事をしていなくて良いです。

音は癖が無く、変な音色で着色されていることもなく
レンジも広く、ハイスピードで、S/Nも良いです。

鉄のシャーシ、分厚い放熱板、容量の大きな電源などが幸いしてか、
厚めで引き締まった低域のドライブ感は、なかなか素晴らしいです。

B&W M801S3へ繋いで鳴らしてみましたが、立派に鳴らします。(笑)

フォノも聞いてみましたが、
スパッと来る切れがあり、抜けが良く快活で、輝きのある音が出ました。
ぬるっとした厚ぼったい感じが全く無く、素晴らしい反応の良さです。

出てくる音に聴きどころの特徴が無く、あまりにも普通っぽく聞こえるので、
それがウケないのでしょうか?

SONYの現行品は、デジタルアンプになっていますので
こういう金のかかるアナログアンプは、再び生産されることは無いでしょうね...。

先日のSANSUI AU-607 AU-D607の様な、
濃くて面白く楽しい音ではないのですが、
凄くまともな音(笑)だという事は確かです。

posted by Lansing at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする