2018年11月16日

ケーブルとインシュレーター

先回の電源ケーブルですが、
ケーブル内部の接続方法を試していまして
どの方法が最高なのかを検討しております。

接続方法の結果が出る途中ですが、
比較の為、通常のDSa8段と比べてみたところ

「圧倒的な差でDSaシールド4段2本使いが上」

分解能はもちろん、演奏中の静けさ、音場の広さ、残響の綺麗な事
波形がスクッと立って素早く降りる様な雑味の無い反応や出音の鮮度感等、
まるで録音スタジオの調整卓からラインで引いて聞いている様なダイレクト感です。

4段ではなく8段で試せば、
更に音場空間や分解能が上がるのかと思うと
良い意味で何だか嫌になります。(笑)

IMG_1055[1].jpg

定休日は色々と走り回り用事を済ませておりました。

名駅方面へ行く途中、大須でランチ
IMG_1058[1].jpg
看板のランチ(全て¥880-)がお得!
中華飯+ラーメンのBセットを食しました。

今までお世話になっていた金属加工業者がどうにかなってしまって
注文した製品の納品が止まっていますので
別の加工業者さんでドライカーボンインシュレーターSJ-SI用金属ベースの試作をしてもらいました。

IMG_1059[1].jpg

左が現行品で右が試作品

IMG_1060[1].jpg

IMG_1061[1].jpg

IMG_1062[1].jpg

(現行品は、店頭使用中の物ですので使用キズが入っています。)
試作品の方は、上面の仕上げと側面の仕上げが粗く底面は鏡面でとても綺麗です。
形状や材質は同じなのですが、メッキをかける為のネジ穴が余分ですので
ここへイモネジをねじ込み音質を変えるとかのチューニングが出来そうなので試してみますが、
ネジ穴の無い同じ形で製作できないか問い合わせています。
物づくりは難しいです...。



posted by Lansing at 12:34 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

ラダーケーブル DSシールド ツイン

ラダーケーブルの構造として考えられる最高の物は
バランス型という事で、それにシールドを被せると
更にS/Nが向上して出音も全体的に底上げされるのですが、
「これで打ち止め?」という質問から話し合いをした結果
DSシールドをダブルで使用し、
ホット側とコールド側を1本ずつ使用するのが最終形態という事でしたので
そのテストをする事にしました。

パワーアンプで例えると
L/Rが一つになっているステレオパワーアンプではなく
グランドが中点の0プラス側とマイナス側に分かれる
バランス増幅アンプやブリッジアンプのモノラル仕様を2台使って
ステレオにしている様な感じとでも思っていただけると分かりやすいかもです。

ラダーケーブル製造元のラダークラフトセブンと
サウンドジュリアのコラボケーブルです。

大容量DSaシールドケーブル
IMG_1056[1].jpg

タップに接続するとこんな感じ...。
IMG_1054[1].jpg

途中でれているオレンジ線はアース線
3Pコンセントを多用すると機器間のアースループで音質低下を起こしますので
アースを繋いだり切り離したりできる様にしてあります。
IMG_1055[1].jpg

これから試聴します...。
posted by Lansing at 15:29 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

カクテルオーディオ X50D

ファームウェアをバージョンアップしますと、
設定できる部分が増えています。

必要のない出力などは全てOFFした方が高音質になりますし、
今回は、ネットにつなぐON/OFFが可能になっています。

リッピング時のアルバムデータ、ネットワークラジオ、
ホームネットワークによる使用、機器の時計合わせや、ファームウェアの更新などで
(LAN)自宅のイーサーネットに繋げていると思いますが、
今回のバージョンアップで、ON/OFFが可能になりました。

リッピングした音楽を聴く場合OFFにいたしますと
無駄な電力や内部の動きが止まり音質が向上します。

若干面倒かもしれませんが、
ネット環境が必要な時にONし、そうでない時はOFFした方が
音は良くなりますのでお試しください。
(スマホやipadをリモコンにしている場合はOFFすると動かなくなります。)

LANケーブルも外した方が更に良いです。(^-^;

IMG_1007[1].jpg

話は変わります。

あるメーカーの営業さんに弊店のケーブルを購入いただきました。

スピーカーケーブル マルチコンタクトプラグ仕様
IMG_1005[1].jpg

(使用したケーブルは、オレンジ君と同等なケーブルを機械撚りした物です。)

プラグの組み立てはハンダ方式、(圧着ペンチでつぶす事はできません。)

IMG_0998[1].jpg

ハンダ付けした後、持ち手となるカバーを付けます。

IMG_0999[1].jpg

最後まで挿しこんでふたを閉めます。

IMG_1001[1].jpg

背面から先端まで貫通していますので下の写真の様にジョイントが可能です。

IMG_1002[1].jpg

繋ぎ合わせることが出来ます。

IMG_1003[1].jpg

特殊な銅のバネ鋼へ金メッキされたプラグとなります。
基本的に測定機用のプラグですが、
オーディオ用のバナナ方式プラグとして使用しますと
大変使いやすくYラグの様に直ぐ緩むようなことも無く
大型プラグの様にプラグの音が乗る事も少なく
とても高音質なプラグです。
抜き差しによるバネの経たりが殆ど無く
このプラグの電流容量は19Aとタフで
価格も安いので採用しています。

営業様にはRCA、XLRバランス、スピーカーケーブルなど購入いただきました。(^^♪

IMG_1004[1].jpg

話は変わります。

先日Tポイントで頂いたJBLのGO2ですが、ケースが届きましたので入れてみました。

IMG_0980[1].jpg

かなり丈夫です。

IMG_1008[1].jpg

IMG_1010[1].jpg

IMG_1009[1].jpg

落としても大丈夫そうですし、周りは剛性がありますので
バッグの中でもつぶれてしまう可能性は少ないと思います。
これで妻に渡しても平気(笑)


それから、ラダーケーブルを使用していただいているお客様が
シールドタイプの試聴をされて驚かれています。

新型シールド付きタイプDSスピーカーケーブルの場合、
価格表は下記の通りですが、
既にTypeSまたはTypeDSをお買い上げいただいているお客様の場合
バージョンアップ代金のみでDSのシールドに交換してもらえる
バージョンアップサービスを受け付けるという事になりました。

新規で購入する場合は、下記価格表のお値段となりますが、
すでにケーブルをお持ちのお客様の場合は
期間限定でバージョンアップサービスを行います。

例えば、
以前購入いただいたTypeDSの価格+バージョンアップ代金の合計は
新規で購入する場合の下記の価格表よりお安くなるという事で
お買い得という計算になるそうです。

これはラダークラフトセブンさんのご意向で
すでにラダーケーブルをご使用していただいているお客様へのサービスという事です。



posted by Lansing at 14:01 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

JBL GO2 小さな巨人?

11月4日にメールチェックすると、
Tポイントの期間限定ポイントがあと2日で失効するというメールが...。

確認すると6000ポイントもあるので、
妻用のブルートゥーススピーカーとケースをポイントで購入(頂いた)

私の持っているB&W T7やSONYのSRS-HG1では
サイズが大きくて持ち歩きにくいという事なので、購入したのはJBL GO2

先にGO2が届いたので早速チェック!
IMG_0977[1].jpg

まるで青い石鹸みたいな大きさ(笑)
IMG_0978[1].jpg

パンチングの正面以外は、ぬめっとした感触
防水、3.5ミニプラグによるライン入力可能、携帯電話のハンズフリー機能などが付いています。
IMG_0979[1].jpg

石鹸ほどの大きさなので馬鹿にしていましたが、
かなり大きな音が出る( ;∀;)

価格は¥3,300-程度で購入できます。
サイズと価格から考えた場合、音質も良好!

最新のJBLというより
チョイと古いJBLの2ウェイスピーカーみたいな音質なんです。(笑)

IMG_0980[1].jpg

音出し動画 録画はiphone7
⚙マーククリック 1080H HD画質で試聴してください。

この後、自宅のリビング、車など、色々な場所へ持ち込んで鳴らしてみましたが、
鳴らす部屋の音響的な環境が悪いと音も悪く聞こえました。







posted by Lansing at 17:16 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

JBL 4344 エッジ修理 スピーカースタンド

お客様よりご依頼頂いたJBL4344のスピーカーエッジ修理が完了いたしました。
ミッドウーファー2122Hとウーファー2235H

2122H
IMG_0923[1].jpg

2235H
IMG_0925[1].jpg

2122H オリジナルがウレタンエッジですからウレタンエッジで新品交換
コーン紙とエッジの隙間へ、オリジナルと同じ様にデービーボンドを注入しています。
IMG_0924[1].jpg

2235H こちらもオリジナルはウレタンですのでウレタンエッジで交換
こちらもコーン紙とエッジの隙間へデービーボンドを注入
IMG_0926[1].jpg

完成状態から写真を載せましたが
2235Hの修理時に問題が...。

修理時、コーンを動かすと「ゴソゴソ」とこすれる音が...
磁気回路のセンターズレではなく異物がボイスコイルをこすっている様な異音なので
コーンを外し、磁気回路を点検すると鉄粉が入っていました。
IMG_0927[1].jpg

大きな鉄粉はもちろんですが、
磁器ギャップにある遺物は全部取り除きました。
(肉眼でも直ぐに確認できた一番大きな鉄粉)
IMG_0929[1].jpg

これだけ大きいとボイスコイルとこすれてしまいます。
ボイスコイルの黒いシミになっている部分が鉄粉によりこすれていた部分
幸い金属粉により黒ずんでいるだけで
エナメルがはがれショートしている状態ではなかったです。
もっと長い期間使用していたらボイスコイルもアウトでした...。
IMG_0928[1].jpg

この原因は磁気回路へ異物の侵入を防ぐダストカバーの劣化
新品交換しました。
IMG_0930.JPG

ボイスコイル全景 
この後、ダンパーを付けて戻し完成
IMG_0931[1].jpg


話は変わります...。

先日、制御盤製作会社の社長さんに
DALIのスピーカーをご購入いただいたのですが、
スピーカースタンドを作ってみたという事で店に持ち込まれました。
IMG_0933[1].jpg

曲げた鉄板を組み合わせる構造、錆防止の為、綺麗に塗装してあります。
IMG_0932[1].jpg

IMG_0934[1].jpg

形にはなっているけど
ネジやボルトのサイズ、
板厚など改善点多数という事でしたが、
ご来店中だった2名のお客様と私、
持ち主の社長さんを合わせた4人で試聴してみました。

数曲の音出し後、
色々と意見を出してくださいという事となり
ギャラリーとなったご来店中のお客様からの意見は

「音が明るく詰まった感じが無い」
「これが幾らで出来るのか分からないけど、市販のスタンドより良いんじゃないの」
「バランス的にやや真中へ集まっている感じがする」
「しばらく聴いていると混濁感が気になってくる」

私個人的な意見としては
足となっている側面の板面積が大きいので
響きが乗り過ぎて混濁感になると感じます。
側面板のデザインと板厚を変えて改善、
天板と底板の板厚が薄すぎる感じがしますので
隣のJulia試作品スタンド程度まで板厚を厚くして安定させる
ネジやボルトが見えないようにする
天板にドライカーボンインシュレーターが嵌る様に
丸いザクリを入れる...。

物づくりは一発で上手く行く事なんて無いですね...。

天板や底板、ネジ類も改善するという事で
更に進化する事になりました。


それから
SJ-SI/SJ-FBの、
カーボンインシュレーター用金属ベース等を
製作していただいていた加工業者様ですが、
残念な事に経営が困難になり
仕事を貰っていた元請け会社に吸収されてしまい
私の様な店がオーダーする
細かい作業の小ロット仕事を請けてもらえなくなってしまいました。

制御盤屋さんの場合、
NC加工は専門ではないという事ですので
このブログをご覧いただいていらっしゃる方の中で
NC加工等の専門業者様がいらっしゃいましたら
下記の写真の様な加工、メッキができる場合
ご連絡を頂けると嬉しいです。

IMG_0935[1].jpg

上の写真左のコンセントタップ コンセントの付いている箱の内部も削っています。
IMG_0936[1].jpg

上の写真中ほどの円形金属ベース
IMG_0937[1].jpg

壁コンベース
左が完成状態で、右が分解した感じ
IMG_0938[1].jpg

IMG_0939[1].jpg

IMG_0940[1].jpg

スピーカースタンド
IMG_0942[1].jpg


今日の午後から修理しています。

分解を進めると、ベアリングはOKで
駆動モーターがNGという結果でモーター交換、
その間、時間が有った為、ドラムを掃除させてもらいました。

いつも乾燥まで動かしますので
黒カビは殆ど無かったのですが、
白い線維カスと思われる汚れが見られました。

イメージ的に
脱水で小さな穴から水が出る時に
細かな繊維が穴に引っ掛かり柔軟剤の成分が更に繊維を呼び込み
うっすらとへばりつく様な汚れ方なんじゃないかと...。

カビでも汚れでも汚いのでドラムを持って風呂場へGO!

温水シャワーをかけてふやかし
洗剤を吹き付けブラシで落とし流しました。

ケミカル製品でクリーニングするより綺麗になっていると思います。(笑)

IMG_0944[1].jpg

修理が終わり、サービスマンがテスト動作させると
ドラムがロックして動かなくなりました...。

どうやら今年の2月に修理した基盤まで波及して壊れた様で
こちらも交換する事に...。

基盤代が有料だとガックリですが、
この基盤はよく壊れるのか対策部品のようで
基盤代は無料という事で修理続行!

元に戻し動作させると
洗濯機は問題なく動き修理完了!
修理代金¥40,500-


posted by Lansing at 14:07 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする