2018年09月24日

EMI DLS-529X その2

オーナー様との話し合い
気に入られた方へ格安でお譲りくださいという事になりました。

価格は中古相場の半額程度です。
(お取引ついては最後に記載)

1960年代のスピーカーですので50年以上経っていますが
外観程度は写真の通りで、
ユニットやネットワーク、配線、吸音材など左右同じです。
出音の方も、聴感上、左右で差を感じません。

IMG_0079[1].jpg
IMG_0078[1].jpg
IMG_0077[1].jpg
IMG_0076[1].jpg
IMG_0075[1].jpg
IMG_0074[1].jpg
IMG_0073[1].jpg
IMG_0072[1].jpg
IMG_0071[1].jpg
IMG_0069[1].jpg
IMG_0070[1].jpg
IMG_0068[1].jpg
IMG_0065[1].jpg
IMG_0064[1].jpg
IMG_0079[1].jpg

弦楽器、チェンバロ

BEATLES

販売についてですが、
店頭で現品をご確認いただきまして現状販売のお取引でお願いします。

上記ビデオの様に音出し試聴可能です。

遠方のお客様には申し訳ないのですが、
ヤマト運輸等で発送できませんので店頭手渡しのお取引とさせていただきます。

販売価格は、2本ペア¥8万円

現状販売となりますので、お持ち帰り後の保証はございません。
興味がございますお客様はSoundJuliaの方へお問い合わせください。







タグ:EMI DLS-529X
posted by Lansing at 12:26 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

EMI DLS-529X

先にお知らせから
明日、23日はお休みをいただきます。
(24日は通常営業しております。)

EMI DLS-529X
BBCモニターの前身
ウォルターレッグがEMIレーベルに相応しいモニタースピーカーをと命じ
開発されたスピーカーと言われています。

スピーカーサイズ W330xH610xD310
楕円型ウーファー1本+トゥイーター2本の構成

中音域が濃く厚く、ふくよかな出音
高解像度型モニターと違い音楽の内面を再現するスピーカーに感じます。

試聴システム
CD-34(NOS改)+ゲルマニウムアンプ+DLS-529Xのセットを組んで鳴らしてみました。
心地よく響くビンテージサウンドがお好きな方にはウケるサウンドです。

聴き心地の良いボーカルが弦楽器と融合し
ビデオ後半のチェロの表現も素敵だと感じます。

YouTubeへUPいたしました。

後日、店頭手渡しの現状販売する予定です。


今日の午前中、
JBL4344に使用されている2122Hが持ち込まれました。

確認すると、エッジが加水分解してベタベタのボロボロ...。
指でなぞると全部落ちました。
ウレタンエッジで修復します。

IMG_0063[1].jpg


タグ:DLS-529
posted by Lansing at 15:02 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

X45Pro

カクテルオーディオのX45Proがやってきた!

IMG_0059[1].jpg

X50D
IMG_0060[1].jpg

左X45Pro 右X50D
IMG_0061[1].jpg

X45Proは定価¥80万
X50Dは定価¥38万

X45Proは、ボディーの作りや電源周り、内部DACまでハイエンド系の作り込み
X50Dは、内蔵DACは無しで、デジタルOUTに重点を置いたモデルです。

SPDIFのデジタル出力を両者から
DIDITのDAC212SEへ入れて聴いてみると
どちらからのデジタルアウトでも問題ないクオリティーで聴けました。

X45Pro内蔵DACを通したアナログ出力を聴いてみると
X35、X45より質感が高く厚みのある出音で下位モデルに差を付けます!

ラインアウトのボリュームコントロールが出来るよう設定し
X45Proからパワーアンプへ繋ぎ
X45Proでボリューム操作して聴いてみると、
音量を絞っても痩せる事無く厚みや滑らかさのある出音でした。
これはも下位モデルと大きく差が付く感じです。

では、X45Proのアナログアウトと
X50DのI2SからDAC212SEへ繋いだ出音を比べてみると
X50DとDAC212SEをI2Sで繋いだ音の方が鮮度が高く高分解能で音場空間が広い...。

同軸(SPDIF)からDAC212SEへ入れた音は大差ない感じですが
I2Sの場合は差が出ます。

DACを持っている場合X50Dの方がお買い得
1台で全部済ませ、上質なアナログOUTを狙う場合X45Proという感じでしょうか...。

X45Proへ、ヘッドフォン(鳴らしにくいCZ-1)を繋いで聴いてみると
ちゃんとドライブ出来て厚く滑らかな出音でビックリ!
高額で売られているヘッドフォン専用アンプで聴くより優秀な音質に感じます。

色々試してみましたが
個人的に購入を考えた場合、
DAC212SEとX50Dを買います。
価格的に比べても大差ないですし
必殺の(笑)I2S接続ができて
ノートPCのYouTubeをUSB接続で驚きの音質になります。(^^♪
(MQA-CDだけはX45Proの方が1台で終了しますので有利です。)

自分にとってどちらが便利かという感じになりますが、
頂上対決みたいで面白かったです。

posted by Lansing at 16:36 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

バイオリン スーパートゥイーター

AXIOM 80 使いのお客様が店頭実験の効果に撃沈し
バイオリンスーパートゥイーターを導入されました。

IMG_0871[1].jpg

取り付ける位置決めは、
聴き手が1人
バイオリンを動かす役割1人に分かれ
スピーカら音楽を鳴らしている状態で
バイオリンのネックを持って高さをゆっくり上下すると
劇的に反応する地点がありますので
その高さへ取り付けます。
取り付けると言ってもバイオリン専用フックを取り付けて
バイオリンは引っ掛けてあるだけです。

使用するバイオリンは
実際に弾くことが出来る本物ですが、
スズキバイオリンの3万でも
中国製の1万の製品でも十分な効果は体験できます。
もちろん数百万円とか一千万越えのバイオリンを使用した場合
聴いたら押し黙ってしまう様な表現力となり質感や音色は別格になります。

今回のお客様宅のバイオリンは1本4万円の整備済み中古品を使用しています。
店のバイオリンも似たような価格の物が2本と30万円の物が1本です。

先回、店での実験YouTubeは、
視聴システム環境の差で分かる方と変化が分からない方に分かれましたが
今回もめげずにUPいたします。(笑)

バイオリン有り

バイオリン無し

表現力はもちろん
音色や音場空間までクオリティーは格段にUPしました。
生っぽい気配や音色、実在感が向上しリアルですし
低音楽器の出音も格段に良くなります。

で、落ちとしては、
ラダーケーブルも持参していましたので
デジケー1本だけ交換すると
分解能が格段に上がりレンジが広く彫の深い音へ変化
一段とバイオリン有の良さが引き立ちました。
(ビデオはラダーケーブルを使用していません。)
これにはお客様もビックリで
ケーブルや電源周りの改善に目標を立てていただける事になりました。(^^♪







posted by Lansing at 13:16 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

TVの音声をオーディオシステムで聴く

TV本体で音を出すと聞けたものではない...。
と言ってオーディオ装置があるのにAVシステムを新たにというのも馬鹿らしい。

現在、ピュアオーディオの方は
(入力)X50D+(DAC)DAC212SEで音出ししている環境があるので
その部分へTVの音声デジタルOUTを繋いでみた...。

X50Dのデジタル入力へ繋いでみる...。
映像系なので48KHz
IMG_0052[1].jpg

これをX50DのI2S出力で出してDAC212SEへ入れて聴いてみると
CD等のデジタルソフトの様なレンジ感は無いけど
TVで聴くのとは別次元の出音!

ニュースの朗読、屋外収録物など、その場の雰囲気や気配を感じ取れる!
鮮度感が高く特にNHKの音が良い!
高域がシャリ付かないというか、いかにもという感じの加工臭が少ない出音

X50Dを飛ばし、そのままDAC212SEへ入力してみると
素朴な出音となり、これも面白い!
DAC212SEは、ノートPCからUSBで繋ぎ
YouTubeを観ると圧倒的な出音となり笑えてきます。

ラダーケーブル屋さん(ラダークラフトセブン)が
有機ELテレビ SONYのKJ-65A1を持っていて
その電源ケーブルを付属の電源ケーブルからラダーDSへ変えたら、
画面の分解能は半端なく向上したと話していたのを思い出し、
KOJO DA-6からアイソレーショントランスを通し
超絶に良質な100V電源をTVへ繋いで観てみた...。

TVと言っても知り合いから無料で頂いた
10年前の縦横比がアナログ放送に合ったサイズの物でDX社の19型
いわゆる普及品

試したのは地デジの映像ですが、
壁コン---オヤイデのタップという流れから繋ぎ変える...。

一言で表現すると「しなやかでクッキリ」
黒がはっきりして奥行きを感じる映像へ変化し
明るい部分と白が凄く明るい感じになり
輪郭が立つのではなく、にじみが減りクッキリする感じへ変化した。

音の方も電話やラジオっぽい中音域の感じだったのが
レンジが広がり分解能が格段に上がった!
IMG_0055[1].jpg

IMG_0056[1].jpg

IMG_0053[1].jpg
アナログ放送時代のTVでこの変化ですから
現代の4KハイエンドTVで行った場合、映像を見て驚愕するんじゃないでしょうか?

店に55インチか65インチのTVを導入し
有名アーチストのライヴ映像を映して音出しはオーディオ装置
YouTubeを見る、映画を見る等、
音と画と両方楽しめる環境を構築したいと欲が出ます。(笑)

DS-4NB70とハーツフィールドで音出しした場合
多チャンネルは不要と思えるほど楽しめました。
これなら無理に多チャンネル化するより
今あるオーディオ装置を生かした
ステレオ2ちゃんネル又はセンターを足した3チャンネルで十分イケル感じです。






タグ:電源
posted by Lansing at 19:18 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする