2016年12月03日

音快速極低

KOTOBUKIさんが、音快速の別バージョンを発表し、
オーディオアクセサリー誌で銘機賞を受賞しました!

その名は、 「音快速極低」 

今回のパネルは極低という事ですので、
名前から低音吸収専用と思っていましたが、そうでもない感じの効果です。

「バフバフ」「ブワブワ」の低域を吸収して整えるのかと思って置いてみると、
こもる様な濁りの吸収が特に優秀で、
置いてすぐにわかる事は、低域分解能が向上し、
こもる感じが強力に排除されて、抜けの良い低域が聴けるようになります。

ボン付き感がなくなり
ブリブリした歯切れが良い気持ち良い低域になり
濁りが無くなる事により
更に下の方まで聞き取れるようになります。

他社の吸音パネルの様に高域は吸いませんので、
抜けの良い低域になったところへ
高域の細やかな切れが向上し、
抜けと分解能の良い高域へ変化します。

こもる感じが減る効果で、
高域の雑味も減り、細やかに切れて分解している感じプラス
音色の色合いも鮮やかになり、「極低」と言いつつ
高域の改善効果も素晴らしいです。

通常の「音快速」とは効果が違いますが、
追加購入で更に効果的だと思いますし、
この「音快速極低」だけでも無対策に近い部屋で試聴している場合、
壁の鳴き、反射による濁り等を吸収しますので
大きな改善効果が期待できると思います。

色は3色
DSCF0066[1].jpg

DSCF0067[1].jpg

価格:1枚、¥6万(税別)となります。
(サウンドジュリア価格は10%OFF)

話は脱線します。(笑)

オイルの後、散歩していたのですが、
工事現場のユンボがハマっていました...。(笑)
IMG_0185[1].jpg

IMG_0186[1].jpg

ショベルで土嚢を押しながら脱出を試みていましたが埋まるだけで動きませんでした。
プロも失敗するんだと(笑)
タグ:音快速極低

2016年11月29日

ヤマキ電器 その2

ヤマキ電器の営業さんが訪ねてきた...。

(こんなお店でも(笑)丁寧にアポを取ってから来店される姿勢に好感が持てます。)

今回は、新製品を開発中という事で、試作品を持ち込みされましたので試聴させていただきました。

試作品は、ヘッドシェル!

DSCF0056[1].jpg

DSCF0058[1].jpg

DSCF0057[1].jpg

材質はセラミックですが、
アルミナではなく、もう一つ固いジルコン

シェル自体が硬くて重い材質、
固定金具がステンレスの薄いもので製作されている等、見た目の完成度は低い...。

音質的にはシャキッとして抜ける音、
ハイ上がりで、高域エネルギーが強く出る感じで
音色的には寒色系で薄め、
歯切れが良く表情が薄いという感じ...。

U字に穴をあ開けてカートリッジを固定するよう形状変更し、
シェル本体の厚みを、もっと薄くした方が良いのではないかと提案させていただきました。

形状も、音質も、上手く出来上がればよい製品になると思います。

その他、
現行のインシュレーターの高級バージョンを試聴用に置いて行かれました...。

DSCF0059[1].jpg

DSCF0060[1].jpg

鏡面仕上げですから、ノーマルグレードより見た目が美しい!

乳白色の方は、
なめらかでしなやか、S/Nも良く、落ち着いたトーンで優しい...。
半透明タイプは、整えて落ち着かせるタイプ
乳白色より押し出し感や低域の厚み、中高域のハリなどがある...。

クラッシックは乳白色で聴いた方が断然良く、弦がしなやかで優雅に聞こえます。
しかし、ジャズをガンガン聞こうとすると馬力感が物足りない...
その場合、半透明タイプの方が押し出しがあり
打楽器の立も良いので、こちらの方が好感が持てる感じとなります。

営業さんが、言われるには、
色々なショップを回ると、高評価を頂けるお店も有るそうで、
ボチボチと取引店が増えているという事でした。

気に入って売っていただけるお店にだけ置いてもらう売り方から
販促にガンガンお金を使う商売まで色々な方法がありますが、
まともな方法で成功していただきたいと感じました。

そういう意味ではCZ-1(ヘッドフォン)の様に
9割のユーザー様が理解できないと思える凄い製品を作って
「解る方だけに使ってもらえれば良い」と言い切る商売は凄いと思います。(笑)

インダクターの余剰品の残数が1台となりましたので、
予約以外で購入希望の方は早い者勝ちとなります。


2016年11月28日

DLH175

店内のスピーカー位置を変えました。

DSCF0039[1].jpg

DSCF0037[1].jpg

大物はTANNOYを入れ替えました。
こちらの方が、店の作りの音響に合っていますので鳴りが良くなりました。

それから、
匠BOXへD208+075で聴いていたのですが、
棚にDLH175が有ったので繋いでみた...。

DSCF0038[1].jpg

臭い音で、なかなか聴かせます!(笑)

DLH175ポン置きの場合、臭すぎて(笑)
聴いた方が、「セピア色の写真のような音」と言われるので
ドライカーボンのインシュレーターを噛ませて抜けをよくしました。

iponeで撮りましたのでマイクの指向性が悪いのですが、
面白いので、短い時間ですが、ビデオを付けました。

ジャズ ロシンズです。

ジャズ フリードマン

ボーカル JheenaLodwick

バイオリン チェンバロ
 

タグ:DLH175
posted by Lansing at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

CZ-1

Crosszoneの営業さんと、CZ-1ヘッドフォンプロジェクト顧問の方が来店...。

今の時代に珍しいメードインジャパンのヘッドフォンです。(笑)



要望を聞いていただけるという事で、
バランスケーブルと、CZ-1をフルドライブできるアンプの販売を要請しました。

こちらの環境で、バランスアンプでバランスドライブしている(笑)物を聴いていただきました。
DSCF0025[1].jpg

まぁこれにはビックリされたようで、
社内で行っていることをポロリと...

バランスケーブルの製作は、現在行っているという事で、
ケーブルの編み方により音質が変わるなど、色々試行錯誤されているようでした。(笑)

私の評価と、ヘッドフォンをいかに鳴らすかという姿勢に感動された様で、
次回のご来店時には、別の技術者様と同伴で来店される事となり
試作のバランスケーブル等が完成していれば
試聴なども行えるという事で楽しみです。

「SoundJuliaで、CZ-1を購入されたお客様もぜひ呼んで下さい。」という事ですから
日にちが確定した場合、また公表いたします。


デカイヘッドフォンですが、
いつもはスピーカーでしか音楽を聴かない方にお勧めです。

ふんわり耳に被さる構造ですから、圧迫感は低く快適
DSCF0026[1].jpg

ダストネットも、極薄のシルク100%です。(笑)
DSCF0027[1].jpg

日本人気質の細やかで気の利いた作りです。
製造は、岡谷の工場で手作りされていますので、
海外製の様な雑さが無く、高級カメラの様に質感は高いです。

音質的には
monitor系サウンドが好き
ドンチンサウンドが好き
高域love(笑)
の様な特徴ある音が好みの方にはウケません。

スピーカーから音を聞いているような雰囲気で
疲労感の少ない普通っぽい音で聞きたい方にお勧めです。

バランス化しますと、透明感や分解能は格段に向上し、
ヘッドフォン内ドライバーの駆動力が上がりますので
ノーマルのアンバランスで聴くより高分解能でワイドレンジなサウンドになります。




タグ:CZ-1
posted by Lansing at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

ヤマキ電器 石英インシュレーター

碍子製品の製造業者様の営業さんからTELが入り、
「オーディオ用のインシュレーターを作ったので試してほしい」という事でしたので
先日、試聴させていただきました。

店の方へお越しいただきお話を伺うと、
こういう製品を作っている会社という事で、会社のパンフレットをいただきました。

DSCF0739[1].jpg

で、何故オーディオに関係のない製品を売るようになったかですが、
石英の短いパイプを見たオーディオ好きのお客様が、
オーディオのインシュレーターとして使えるのではないか?と言った事が発端で
専門外だけど、本格的にインシュレーターを作る事になったそうです。

石英インシュレーターでよくある
天然の石英や水晶を切断加工してインシュレターの形にした製品ではなく
石英の粉末を圧縮成形し、焼結させるという作り方です。

DSCF0740[1].jpg

出来たインシュレーターを、オーディオ雑誌のStereo誌へ送ったという事で、試聴記事が載っています。(2016年10月号)
DSCF0742[1].jpg

製品は2種類で、
価格的はこんな感じ
DSCF0741[1].jpg

DSCF0789[1].jpg

石英の粉末に、アルミを加えて焼結させて乳白色になったインシュレーター

DSCF0790[1].jpg

石英のみで焼結させた場合

DSCF0791[1].jpg

オーディオ機器(アンプ)の下へ敷いて聞いてみると、
乳白色の方は、なめらかで、中低域に厚みというか膨らみ感があり
張り倒すような感じの「バシッ」という音は立ち上がりが弱くなりますが、
S/N感も良く、硬い石英と思えないなめらかさを感じます。

半透明な石英の方は、
乳白色より抜けが良く分解能も高く
中低域の膨らみも乳白色の様に厚くなる事なく無く
しなやかに整って尖った感じの音が、なめらかになる感じでした。

焼き固めてあるので、硬質な硬い音を想像しましたが、
どちらも石系、御影石(花崗岩)とかのオーディオボードや
インシュレーターと、とても良く似ている感じの音になります。

木製の緩い感じも嫌いで、
金属のチンチン、カンカンする硬質な音も嫌い
機器純正足の、ゴムや樹脂、
フェルト貼りの音が立たなくて緩いのもイマイチと感じる方には
一度使ってみても良いのではないかと思います。

売り出し直ぐという事もあり、販売しているお店は殆どありませんので、
SoundJuliaで購入可能です。

2016年11月19日

QUAD33 QUAD50E

私物コレクションのQUAD要りませんか?

メンテナンス後、時々使用しておりましたが、
ゲルマアンプを作りましたので、今後、使用する機会が減ると思われるため、
必要な方へお譲りいたします。

QUAD 33
DSCF0778[1].jpg

DSCF0779[1].jpg

上から眺めると綺麗な配線とレイアウトが印象的です。
DSCF0774[1].jpg

底部分は、メインボードとなっています。
ハンダ補正、コンデンサチェックなどしております。

DSCF0777[1].jpg

スロット基盤
DSCF0775[1].jpg

電源周り
DSCF0776[1].jpg

電解コンデンサなどは外してチェックし、
容量抜けなどの劣化コンデンサや劣化パーツは交換しております。

QUAD 50E プロ用のパワーアンプで、コンシュマー用の303とは別物となります。

DSCF0784[1].jpg

DSCF0786[1].jpg

DSCF0785[1].jpg

内部は、殆どトランスという内容です。(笑)

電源と、スピーカー用の出力トランス

DSCF0780[1].jpg

熱を持つパーツもそのまま基盤へ付けられていますので、
基盤自体が時間とともに炭化してしまいますし、パーツも経たりますから、
取り外して別の所へ固定、放熱対策し、発熱する大きなダイオードも、
銅板で放熱板を作り熱を逃がす対策をしております。

DSCF0781[1].jpg

配線は、使いやすくこんな感じにしております。

カルダスのRCAピンケーブルが入力
オレンジ色の線の先は、バナナプラグが差し込めるようになっています。

DSCF0782[1].jpg

スピーカーインピーダンスは現在8オームですが、変更もできます。

DSCF0783[1].jpg

プリと並べます。
DSCF0787[1].jpg

電源ケーブルとDIN変換ケーブル
DSCF0788[1].jpg

メンテナンスと言って、使用できるパーツまで一気にごっそり交換したりしますと、
QUADのアンプなのか、何なのか解らない音になってしまいますから
そういう感じにはしておりません。

大きな出力トランスですが、音がモッチリして鈍くなる感じはありません。
TANNOYなどイギリス製のスピーカーへ繋いで聞いてみると、
現代の高性能アンプでは聞くことのできない奥ゆかしく味わい深い表現で聴かせ
現代のアンプとは別世界の音楽表現で楽しませてくれます。
また、トランスの持つ中低域のドライブ感でTANNOYも低域がバフバフしません。

現代のリモコンで操作できるようなアンプとは全く別物ですから
面倒が嫌な方や、神経質な方にはお勧めではありません。


価格についてですが、
下記へ名古屋の有名な中古ショップの履歴をリンクしましたので
参考にしていただければと思いますが、下記よりはお安くお譲りします。





タグ:QUAD33 QUAD50E
posted by Lansing at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

電源

お休み中は、コンセントタップを作り、、リニア電源が使えるように配線をしておりました。

DSCF0757[1].jpg

タップ
DSCF0759[1].jpg

以前販売していたプレートへUL規格のコンセントをキャップボルトで固定
コンセントのへそネジは、インチネジで締めています。
ケーブルは、米軍のシルバーシールドケーブル...。

PSEの施行で販売を中止したコンセントタップと並べてDSCF0758[1].jpg

鉄箱+SUS404プレートで十分な剛性を確保し、アルミBOXに感じる軽い感じがなくなって分解能の高い音を聞かせます。

話は変わります。

デンマークのビンテージ ネストテーブル要りませんか?(笑)

コンパクトに収納出来て、要るときに必要な大きさのテーブルが使えるという
機能的かつデザインの優れた製品、
最高の家具を製造していた時代、1950~60年代のテーブルです。

引き出します。
DSCF0763[1].jpg

こんな感じで出てきます。

DSCF0764[1].jpg

小さいのは、サイドテーブルとしても使えます。

DSCF0765[1].jpg

3台並べるとかなり広く使えます。

DSCF0766[1].jpg

大きなテーブルのサイドには
立ち上がった耳の様なデザインが施されています。
(ペンとか転がり落ちるのを防ぎます。)
DSCF0767[1].jpg

合体する時のデザインも考えつくされおり、
見た目がビシッとまとまって、だらっとした感じがありません。

大きなテーブルの脚に比べ
小さい方のテーブルの足は、若干短く作られていますので
引き出すことがスムーズで簡単です。

DSCF0761[1].jpg

足が重なり合うグラデーションも素敵です。

DSCF0770[1].jpg

デンマークのビンテージネストテーブル
大きさ(一番大きなテーブル)幅65.5cm奥行き43cm高さ51cm
見た目は綺麗です。(細かく見たら小さな傷はあると思います。)
価格:¥59,800- 私物ですから税金はかかりません。(笑)


2016年11月07日

ゲルマアンプ エージングしています。

DSCF0719[1][1].jpg

常時電源ONで、3台を順番にスピーカーを鳴らし実働させています。
コンシュマー用のTANNOY JBLはラクラク鳴ります。

試しに低能率なCM1S2を繋いでみました。爆音(笑)は無理ですが、鳴りは良いです。
DSCF0720[1][1].jpg

明日は、ヤマキ電器さんがインシュレーターを持ってくるので試聴させていただきます。






続きを読む
posted by Lansing at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

ゲルマニウムアンプVer.2 モトローラー

ゲルマニウムアンプのモトローラー仕様が完成いたしました。



2型は、1型と違って、音をとらえやすくしています。

見た目は1型と同じです。

DSCF0715[1].jpg

DSCF0713[1].jpg

モトローラーのゲルマニウムトランジスタ
DSCF0714[1].jpg

2型も1型と同じで、
音声回路(フォノもラインも)は、全てゲルマニウムトランジスタで構成されています。

文で表現するのは難しいのですが、
ノリの良いリズム感で腰の入った中低域、
サクサクと流れる様に軽快な中高域、
密度があり産毛が立ったような細やかな質感で明るめの音色
1型の様に、深く深く入り込んで音楽のみ聞くという感じではなく
ながらで楽しめる軽快な感じと、
BGMでも大音量でしっかり聞いても、
リズムがとらえられて気持ちの良いサウンドへ仕上げてあります。

モトローラーのパワートランジスタのサウンドを活かす様に
ドライブ段等も1型と違うゲルマニウムトランジスタを使用しております。

ゲルマは、なかなかマッチングが取れませんので
修理補修用まで半導体を確保すると、
1型より製作台数が少なくなり、数台の製作が目いっぱいの感じです。

価格は¥28万/1台 となります。


以下、余談です。

トランス駆動ヘッドフォンアンプの試作品です。
DSCF0717[1].jpg

パワーアンプか?と見間違えるような現代の高級ヘッドフォンアンプでは考えられない中身ですが、
そういう物量投入型より、ハイスピードな反応と多彩な音色で聞かせます。

DSCF0716[1].jpg

アンプ構成は、方チャンネル2石のゲルマニウムトランジスタを使用しております。
使用しているトランスは全て特注品ですので、指定のインピーダンスで出力させることが可能です。
現在の出力インピーダンスは32Ωで製作していますので、
HDJ-2000等のインピーダンスを持つヘッドフォンは良くドライブします。

弊社で販売中のCZ-1は、インピーダンスが少し外れますが、軽快で爽快感ある音で聴けます。

高額、高級なヘッドフォンやヘッドフォンアンプの場合、
透明感や解像度、ドライバーの駆動力、低域の厚み音楽のエネルギー...etc。
音楽よりも先に音質へ耳が行ってしまって
なかなか音楽に入れない(笑)ことが多々ありますが、
このアンプの場合、音に耳が行く事なく、
すっと音楽へ入れる様に製作しています。

試作ですからケースなどの仕上げが自作候ですが、
使用するヘッドフォンのインピーダンスに合わせたトランスで作り
ケースやつまみ等も変更して製作することが可能です。
販売も価格も未定です。(笑)

超高音質、バランスドライブに特化したCFのヘッドフォンアンプとコンセプトは違いますが、
聴き比べた場合、別土俵ですが、どちらも良い感じです。

posted by Lansing at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JBL4350

修理したネットワークを取り付けてきました。

ばらしたスピーカー
IMG_0110[1].jpg

ネットワークを固定
IMG_0111[1].jpg

音楽ホール?で使用されていた4350でしたので、
移動できるように配線が変更されており
部屋で使用するには全部無駄ですから、すべて排除しました。(笑)

ビフォー
IMG_0113[1].jpg

アフター
IMG_0114[1].jpg

でぇ〜りゃ〜スッキリですわ!(笑)

淡々と戻し完成させます...。

IMG_0119[1].jpg

全景
IMG_0116[1].jpg

早速、チェックしますと...

無駄な配線や接点を除去した効果は絶大で、
音の鮮度と分解能が、言葉を失うほど向上し、
ドンッと鳴って、バシッと音が止まるダンピング感の気持ち良い低域へ変化!
淀んだドロドロ低音や、音のボケがなくなり、
最上級MONITORって感じの音へ変身しました!

中高域は、アキュのパワーアンプをブリッジで使用
低域は、JBLの純正業務用パワーアンプです。

バランスを取り直し小音量から爆音再生まで上手い事聴けるように調整し完了です。

ここは、前の店舗の試聴室なので、懐かしさと
やった感満載の部屋の音が聞けて良かったです。

余談ですが、食欲の秋(笑)という事で、
バクバク食っていたら2Kg太りました...。

反省です(^-^;

近所のとんかつ屋さん

ポークテキ定食
IMG_0108[1].jpg

ラーメン魁力屋

コク旨
IMG_0109[1].jpg



タグ:JBL4350
posted by Lansing at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする