2018年01月13日

PIONEER S-PM300

ピュアモルトスピーカー入荷!

ウイスキーのオーク樽で作られた
PIONEER S-PM300とスタンドのセットが入荷しました。

DSCF0352[1].jpg

程度も良く問題ないです。

良質なオーク材を使用して作られている為、
見た目や作り込みが良く
BOXの響きに嫌みがありません。

現代風のサラサラで漂う様な音ではなく
味わいがあり少し濃いめのサウンドとなります。

反応の良い小口径のスピーカーでドライブしますので
バフバフした遅い感じがありません。
見た目より低域は出ます。

TVを手軽に良い音で視聴したい場合、
安物のAVスピーカーを購入するより
この程度のオーディオ用SPをセットした方が
聞き心地も良いですし、楽しいと思います。

パイオニアのピュアモルトスピーカー(ペア)『S-PM300 + CP-PM300』

●形式:位相反転式ブックシェルフ型 
●ドライブユニット:スピーカー/ウーファー:10 cmコーン型、トゥイーター:2 cmドーム型 
●インピーダンス:6Ω ●再生周波数帯域:40 Hz〜40 kHz 
●クロスオーバー周波数:4.5kHz ●出力音圧レベル:84 dB 
●最大入力:100 W(JEITA)
●外形寸法:160 mm(W)×540 mm(H)×252 mm(D) 
●質量: 8.5 kg(1台) 

スタンドとセット(ペア)で¥7万(税別)で販売します。

それから、
人気爆発のカクテルオーディオですが、
関東の方でも売れ始めたという事です。

輸入代理店さんの話では
今月中旬から末にかけての再入荷という事でしたが
X35のみ先に入荷している様で、
お客様より注文いただいたX35が送られてきました。

DSCF0355[1].jpg

開梱してHDDインストール、初期セット完了後、納品させていただきます。

話は変わります。

B.M.Cのアンプですが、
他店でデモするという事で代理店さんの方へ返却いたしました。
今月いっぱいお借りできる予定でしたが変更となりました。
同社のDACと組み合わせ、電流駆動で聴いてみたかったです...。

お客さ名へお譲りした
Marantz CD-34 NOS改のレンズクリーニングをいたしました。

DSCF0341[1][1].jpg

話がまた変わります。(笑)

ハーツフィールドと並べてあったTANNOYを移動し
セッティングを変更しました。

TANNOYを移動してとりあえず聴いてみると、
共鳴が無くなり箱に吸われていた低域も多めに聞こえます。

ハーツフィールドの内ぶり加減を、やや正面に向け
リスニングポイントを広く取り、
低域の下を補うスーパーウーファーの位置を移動
音出しするとバランスが崩れ、
グチャグチャの音になってしまっていますので
一旦コーヒータイム(笑)

ハーツフィールドを動かしたので
075を置いている位置が変わっているのを発見!
高域が位相ズレしていたので戻し、
その後、スーパーウーファーを置く位置を前後させて耳で確認するという
アナログ的に低域の位相を調整(笑)

TANNOYが無くなったおかげで背面壁の反射も良くなりましたので
壁の前に立っている反射の向きを変更できる縦の木材の向きを変えました。

SJ−SIインシュレーターと金属ベースで更に追い込み
以前より更に聴ける音になりました。(^^♪

次は、内部配線の変更と、全ユニットにアースを取り付けたいです。(笑)

DSCF0354[1].jpg

ラダーケーブルをご注文いただいたり
アルティメイト電源トランスも3台ご注文いただけたり
レコード用スタビライザーの設計変更等
年始から落ち着きなく色々ゴチャゴチャとやっております。(笑)
posted by Lansing at 14:35 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

B.M.C

DSCF0349[1].jpg 

今回お借りしたのは、BMC AMP CS3
ボリュームの影響を排除する為、
増幅度を可変して音量調整するというアンプ!

しかも、ノンNFBで見た目もカッコいいので
どんな物かお借りして試聴しております。

DSCF0344[1].jpg

電源ケーブルは、ラダーDSaを使用

DSCF0345[1].jpg

リモコンも立派です。

DSCF0348[1].jpg

電源ON

DSCF0347[1].jpg

DSCF0346[1].jpg

最先端のアンプにアナログメーターが映えます。

DSCF0349[1].jpg

DSCF0324[1].jpg

DSCF0323[1].jpg

SPケーブルは、DSとSaで比較しました。

DSCF0350[1].jpg

付属の電源ケーブルで鳴らしてみますと、
低域はイギリス調のたっぷりした感じ
高域はドイツの引き締まり感のある様子...

アンプがほんのり熱を持ってくると
低域の締りが良くなってきて
最新アンプの鮮度感高い音に変化
高域の硬さも少し解れ分解能の高い感じへ変化...。

パット聞き、500W+500Wのアンプで聴いているかのような体力を感じます。(笑)

バカでかい電源トランス(2KW)が入っていますので
見た目より重たいアンプですが、大きさは手ごろです。

足は5本で支えており、接地部分へフェルトが張り付けられています。

で、電源ケーブルをラダーDSaへ変更して聴いてみると
全域に渡り反応が良くなり
低域は分解能が上がり、モッチリ感は減少
高域の方は細やかで抜ける音へ変化...。

SPケーブルはラダーのTypeSaで聴くと、
切れのある高域、破壊力のある低域となり
TANNOY SRMが良くなっております。
1000Wでも大丈夫な大容量ケーブルですので
ダンピングファクターが良くなり振り回す感が出ているようです。

TypeDSへ変えてみると、
分解能が上がり、更に細やかに変化し
自然な聞き心地間でSaの切れある感じではなく
目立つ要素が無くなり
音ではなく音楽の方へ耳が行く感じになりました。

で、足の下のフェルトが気になるので
SJ-SI+金属ベースインシュレーターを噛ませると
更に低域のエネルギーと深みが増し
グイグイ音が出るようになり
高域の方も良く伸びてワイドレンジな感じへ変化しました。

国産で例えるとしたら
高域の抜け感と綺麗さは
アキュフェーズやSONYに近く
更に細やかで引き締まっています。

低域の感じは、ラックスマンの抜けと締まりを良くして
山水の体力にした感じの様な鳴りっぷりです。

この試聴は通常の電圧入力ですので
BMCの電流駆動方式で聞いた場合
どの様に化けるのか?

今月は店で鳴っております。




タグ:B.M.C
posted by Lansing at 20:36 | Comment(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

ラダーケーブル DS

本日より営業しております。(^^♪

今年もご贔屓くださいますようお願い申し上げます。


完成したラダーケーブルがどんどん送られてきました!

1000VAの容量、大容量スピーカーケーブル(SoundJulia特注品)
TypeDSスピーカーケーブル(SoundJuliaマルチコンタクト仕様)
TypeDSデジタルケーブル(SoundJulia特注品シールド付き)

DSCF0336[1].jpg

大容量スピーカーケーブル

TypeDSa
DSCF0338[1].jpg

DSCF0337[1].jpg

4本の内2本はアースとなります。

DSCF0340[1].jpg

電線病というオーディオ言葉が存在するほどケーブルは魔物だと思います。

中庸な音のケーブルを求める場合、

(中庸=悪い意味ではなく、過不足の無いバランスがとれいている感じ)

機器付属のケーブル
RCAであれば赤白ピンケーブル、
電源ケーブルであれば、コンセントもIECも、
モールド型のケーブルを使用すれば
(よく見かけるディスクトップ型PCに使用されている黒いケーブルです。)
つかみどころがないほどバランスの取れた音になると思いますが、
オーディオ好きな場合の性で、
もう一つ抜きに出て良いと感じる要素が欲しくなってきてしまいます。

そして色々試し、ある程度満足しても
直ぐに満足感が足りなくなってきて
結局、多数のケーブルを購入する結果になってしまっている事を
電線病に罹ったという事になりますが、
なかなか抜け出すことが出来なくなります。

私の場合もPAD、クエスト、MIT、ワイヤーワールド、monster、ベルデン...etc。

色々試し、それぞれのブランドの音の特徴を楽しませていただきましたが
結局、何の変哲もない赤白RCAピンケーブルや、モールド型の電源ケーブル、
長岡鉄男のキャブタイヤスピーカーケーブル等が
中庸に感じ、比較試聴はそれらと比べて評価しています。

モガミ、カナレ等の中庸な音のケーブルも有りますが、
取り付けるプラグを間違うと、ケーブルが中立で、中庸ですので
プラグの持つ癖に大きく振り回され、選択を間違うと大きくバランスが崩れ
良いと感じる部分が無くなってしまいます。

プラグも色々試しました。
行きついたところはETIバレットプラグで、
接点は4N銀の無垢材、
ハウジングは削り出しの特注品をメーカーへオーダーしていましたが
あまりにも納期が遅く対応がプアなので、
今後、どうしようか悩んでいます。(^-^;
何か良いプラグをご存知でしたら教えてください。


ケーブルの番外編としてWesternElectricの絹巻ブラックエナメル線は
魔力的な魅力を持っている線材と感じ、かなり買い込み試しましたが、
催眠術にかけられたような感じで聴く事になりますので
高音質とか、中庸な感じではなく
WEの表現が好きで使うという感じの評価になると思います。

色々試し、それでも、まだ満足いかないので
赤白ピンケーブル、モールド型電源ケーブル、
キャブタイヤSPケーブルより良いと感じる
高規格ケーブルを発掘し、オレンジ君、シルバー君等とあだ名を付け
店でも使用し、ご購入いただいたお客様もいらっしゃいますが、
今のところ、ラダーケーブルのTypeDSは、それを上回りますので
高音質ケーブルはラダーケーブルで良しとしております。

オレンジ君(1m/¥1,000-)シルバー君(1m/¥6,000-)は低価格ですが
音質優先の場合、ラダーケーブルのTypeDSをお勧めいたします。

従来より販売されているラダーケーブルTypeSの場合、
通常のケーブルより高域も低域も分解能が良く反応も速いので
パット聞き、抜けが良くやや痩せた感じに聞こえる場合があります。

何度か聴き比べると、高分解能で整っている感じが理解できて
全体的な要素で上回っていると評価できるのですが、
多くのオーディオ用高級ケーブルは、
低域が太く、全体的に滑らかな感じのサウンドに仕上げてありますから
色々な方に試聴いただくと、
相対的に軽い、音が薄いと感じる場合があります。

そこでDSの登場!
従来のラダーケーブルよりS/N感が向上、
音密度、厚みが増し
押し出し感はもちろんですが、
タメの表現など音楽的要素も向上しました。

誇張しないfレンジの広さ、
中庸とも表現できるバランスの良さで
何だか物足りない普通の枠から大きく外に出た感じとなり
有名ブランドケーブルから交換した場合も
満足感の高いサウンドで楽しめるようになりました。

正規のラダーケーブルは
マルチョウエンジニアリングさんと
ラダークラフトセブンのみの販売になりますが、
SoundJuliaは、
契約をして販売代理店をさせていただいております。
(ラダークラフトセブンの正規ラダーケーブルとなります。)

昨年は、従来より販売されていたTypeSしかない時に購入されたお客様の対応で、
TypeDSを自宅試聴で、気に入られた場合、
TypeSを100%の販売価格で買い戻しさせていただく
バージョンUPサービスをさせていただいておりましたが、
そろそろ打ち切りとなりますのでご希望のお客様はご連絡をお願いいたします。

本日のブログ写真、DSa4本は、店で使用し、
その他は、お客様からの注文品となります。

ケーブルとは別で、トランスやインダクター、タップ等は
映像機器に使用しても効果的に作用すると報告を頂いておりますが、
今回、初めてTypeDSa,の電源ケーブルを試した報告を頂きました。
音は見えませんが、映像は見えるので分かりやすいです。

年末に試された方のメールが届いておりましたので下記へ添付します。

--------------------------------------------------------------------------

購入したソニーのKJ-55A1DSaを接続しました。


購入時にyoutube4k(長岡の花火など)を見て画質に圧倒されましたが、

光と闇の間に点在する建物の色の潰れ具合を見て、

まだ画質向上の余地はあると感じてました。

その状態でも元々のポテンシャルが高いおかげで

従来機では見れなかった画質だったというのは否定しません。


が、バランスラダーを入れると状況は一変します。

元々付属している電源ケーブルで調整されてるせいだと思いますが、

最初は少し映像のバランスが崩れてしまいました。


そこから全体的に色を若干濃い目にし、

黒を沈め白を引き出す調整をしていくと、

更に沈む黒、自然に輝くような白が出てきて全体の画質が飛躍的に上がります。


測定は出来ませんがノイズの減少もすごいと思います。

目への負担が別物です。


音声については、

元々聴き取りづらかったので中高域をEQで持ち上げて終了しました。


もう一台、ソニーの一昔前の液晶のフラッグシップモデルを

同じように電源ケーブル入れて使ってみましたが、

画質・音声共にもう全く比較になりません。


地上波でもバラエティ以外だと、そこそこ満足して見れる状態です。

ちなみに先日の『君の名は』はかなり満足出来ました。


今、4Kブラビアはネットフリックスが無料6ヶ月ついてるので、

映画も見放題で正月の救世主的存在でした笑


お客様で、もし有機ELを使われてる方が居られればバランスラダーを是非おすすめして下さい。

映像に関してはほぼ頂上あたりになるんじゃないかと勝手に思っています。

画質の調整が必須ではありますが、大満足間違いなしです。

-----------------------------------------------------------------------









posted by Lansing at 15:19 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

X35

レコードを録音した場合や、
ライン入力やデジタル入力で録音した場合など
1曲目、2曲目などと、
曲を分けるのはどうしたらよいかという事ですが、
昨日、レコードを録音した物を見本で分割してみます。

メイン画面のブラウザーをOKすると
DSCF0327[1].jpg

録音したハードディスクが出てきますのでOK

DSCF0328[1].jpg

録音したので、レコーディングが出てきます。OK

DSCF0329[1].jpg

フォノからの録音なのでフォノIN OK

DSCF0330[1].jpg

フォノから録音したファイル全てが表示されます。

DSCF0331[1].jpg

ファイルを選んで、リモコンのメニューボタンを押しますと
下記が出ますのでマルチカットを選んでOK

DSCF0332[1].jpg

録音された内容を自動でレベルと時間の確認を始めます。

DSCF0333[1].jpg

黄色い線が立っている部分がレコードの無録音部分なので
そこの部分の録音レベルが低い事を判断して1,2,3と
線引きして分けています。

上の数値を変更すると、このデータをもとに自動で分けることもできますし、
手動で分割ポイントを決める事もできます。

画面の波形だけではなく、
録音された音もポイントを動かしながら聞けます。

DSCF0334[1].jpg

上記の分け方でOKの場合、リターンして下記の画面でOKを押しますと
1,2,3と曲が分かれます。

DSCF0335[1].jpg

再生する時は、1,2,3と、曲を分けても
連続してつながっている感じで聞くか
完全に分けて聞くかを選べます。

繋げる設定にしても
1,2,3曲と分けていますので
リモコンの曲数ボタン等で簡単に選ぶことは可能です。

その後、アルバム名等を入れると
ネットからアルバムアートを拾う事も可能です。

192Khzで録っていますが、
デジタル出力は、192Khz/96Khz/48Khzと選んで出力できます。
96Khzはご機嫌な音ですが、
48Khzにして聴いてみますと、分解能が落ちて聞こえます。

今回、MM(VM)で録りましたが、
輸入代理店さんからお借りしたX35の中に
65万円?のカートリッジで録音した音源が入っていたのですが、
MCって感じの音で録られていましたので
MCも録ってみたいと思います。(^^♪

SPUで録ったらSPU臭さ満点の音で(デジタルなのに)聴ければ
何だか面白いじゃないですか!(笑)

ホント色々と楽しめる機器です!(笑)


タグ:X35
posted by Lansing at 18:26 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

X35でアナログレコードを録る

アナログレコードをデジタル録音して聴く?

わざわざアナログをデジタルにする必要があるのか?と言われそうですが、
レコードは針を下ろして聴くまでの儀式が面倒になる事がありますから
デジタル録音しても、
CDやSACD、
ハイレゾやDSDを聞いている感じではなく、
アナログ候に聞こえれば楽ですし、
セッティングが上手くできて、
「今日はいい音だわ!」という時に録音しておけば、
そのフレッシュな音が簡単に再現できるという感じです。
流れはこんな感じ(カッコ内はX35)

レコード⇒(フォノイコ⇒AD⇒WAVでHDDへ⇒S/PDIF)⇒DACでDA⇒アンプへ

1980代までは、レコードをカセットテープに必死こいて録音した覚えがありますが、
かなり音がつぶれて劣化しますので、
社会人になってからナカミチの1000ZXLを買って
ノーマルテープでもシンバルがつぶれる事なく録音できて
悦に入っていたことを思い出します。

X35の192Khz24bidで録音した場合、
カセットとかCDの音をはるかに超える高音質で録音できますので
アナログレコードを録ってもアナログの音の良さは感じられます。

で、店のアナログプレーヤーは
米国のオーディオショーへ貸し出ししていましたので
仕様を自分用へ戻します。

コンサートフィデリティー製の
DP-3000のモディファイフルチューン・フルレストアモデルです。

アームへカーボン繊維を巻き付けます。
DSCF0302[1].jpg

DSCF0303[1].jpg

DSCF0304[1].jpg

昨日のアルティメイトラックの棚板をオーディオボードとして利用

ラックの上に載せます。

DSCF0321[1].jpg

ドライカーボンを嵌めます。

DSCF0322[1].jpg

作業していると、
お客様が購入されたX35が届きましたので開梱!

新品を納品ではなく開梱?ですが、
コンタクトオイル塗布とHDDを入れて初期設定、
デモ音源の録音を頼まれているのです。

X35こんにちは!

DSCF0305[1].jpg

ボディーを外します。
全景
DSCF0306[1].jpg

パワーアンプ部分

DSCF0307[1].jpg

電源周り
丸いトロイダルトランスはアナログ基板用

DSCF0308[1].jpg

デジタル系のメインボード

DSCF0309[1].jpg

こういう感じでハーネスを外してコンタクトオイルを塗布します。

DSCF0310[1].jpg

HDD/SSDのSATAと電源

DSCF0313[1].jpg

背面パネルのジャック類、インレット、フューズなども忘れずに塗布

DSCF0312[1].jpg

HDDをスロットルケースへ入れて電源とSATAの接点も塗布

DSCF0311[1].jpg

コンタクトオイルは金メッキの代わりになる成分も含んでいますので
長期に渡り安定したコンタクトを保証します。

確認して戻します。

電源ONで起動!

DSCF0314[1].jpg

動かしてもHDDがフォーマットされていませんし
ストレージの設定もしていないので認識されませんのでセットアップします。

DSCF0315[1].jpg

DSCF0316[1].jpg

こちらで好きなように設定します。

DSCF0317[1].jpg

日本人なので(笑)

DSCF0318[1].jpg

HDDをNTFSでフォーマット

DSCF0319[1].jpg

インターネットへ繋がなくてもアルバムが表示されるように
フリーDBディスクを入れてインストール

DSCF0320[1].jpg

プレーヤーをセット

DSCF0325[1].jpg

録音できます。(^^♪

DSCF0326[1].jpg

色々試して遊んでいると
電源ON数時間で抜けが良くなってきました。

明日は定休日ですが、連続動作させます。
明日出勤して非売品のダイレクトカッティングレコードを録音します。

お知らせ!

店の営業ですが、基本的に
年内は12月29日まで営業(27日、28日は不定休)
12月30日から1月4日まではお休みとなります。

posted by Lansing at 22:15 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする